Main

三井物産について

三井物産のDX

Business Transformation & Innovation with Digital

三井物産は、さまざまな事業を世界中で展開。

それは、三井物産が貴重なデータを獲得できる、リアルな現場を保有しているということ。

この貴重な現場にデジタルの力を加え、挑戦と創造を続ける。

それが三井物産のデジタルトランスフォーメーション。

CDIOメッセージ

CDIOメッセージ

我々は今、気候変動やデジタル化、そして新型コロナウィルス感染症拡大などにより、事業環境が目まぐるしく変化し、社会や産業の構造変化が加速する時代に生きています。
そのような未来を見通すことが困難な状況であるからこそ、三井物産は自らの存在意義を改めて見つめ直すとともに、現状に満足せず変化を心から愉しみ、常に新しい事業を創ることに挑戦し続けます。
その為にはデジタルの力が不可欠であり、DXこそが当社の今後の成長の源泉となると考えています。

2021年5月

専務執行役員
CDIO(チーフ・デジタル・インフォメーション・オフィサー)

米谷 佳夫

DX総合戦略

三井物産のDigital Transformationとは

三井物産には、貴重なリアルのデータを獲得できる現場が幅広くあります。
三井物産のDXは、この貴重な現場をベースにデジタルの力を加える、すなわち、Operational Technology(※1) × Digital Power(※2)で、効率化や最適化によるコスト削減や売上増を図り、更には新たなビジネスモデルの創出を目指します。

三井物産のDigital Transformationとは 三井物産のDigital Transformationとは

※1:OT(Operational Technology):商品知識、ビジネス知見、営業力、物流機能、法務、人事、プロマネ等の商社オペレーションノウハウすべて

※2:Digital Power : AI・IoT、ロボティクス、ビッグデータ

DX総合戦略Vision

三井物産のDX総合戦略は、「DX事業戦略」と「データドリブン(DD)経営戦略」の2つから成り立っています。
DX事業戦略では、各事業現場の保有するデータにデジタルの力を掛け合わせ、新たな価値を生み出すことで、事業の強化を目指します。
DD経営戦略では、データを徹底的に使い倒すことで、迅速かつ正確な意思決定を行い、事業経営の強化を図ります。
この2つの戦略の実行には、全役職員がデジタルを標準装備とすることが不可欠であり、三井物産はDXによる絶え間ない革新を企業文化としていきます。

DX総合戦略Vision DX総合戦略Vision

DX事業戦略

2つの方向性

2つの方向性 2つの方向性

三井物産のDXフレームワークでは、DXを以下の3つの取組として整理しています。

  1. Solution1(S1):生産性向上・効率化・最適化によりコスト削減を達成する
  2. Solution2(S2):お客様とのエンゲージメントを高めて売上を引き上げる
  3. Transformation (T):既存事業とは異なる立ち位置から新たなビジネスモデルを創出する

このDXフレームワークと、中期経営計画2023を掛け合わせて、「変革と成長」の実現を目指すDX事業戦略の2つの方向性を整理しました。
短中期的には徹底的にS1/S2を実行することで、当社グループの既存事業の収益力強化・高度化を進め、中長期的には次世代に向けたTを実行することで、新たな領域も含めた将来の事業基盤を創出していきます。

また、注力すべき領域として以下の6つの攻め筋を特定しています。
短中期的にQuick Winを目指して徹底的なS1/S2を実行する分野としては、既に当社がリアルな現場で強みを保有するとともにDXとの親和性が高い事業領域を抽出、中長期的にBig Winを目指して、次世代に向けたTを実行する分野としては、当社が得意とする社会インフラを始めとして、新技術活用視点からの取り組みや産業破壊の視点からのDXにも挑戦します。

6つの攻め筋

6つの攻め筋

凡例

プロ:プロジェクト本部
モビ:モビリティ第一本部・第二本部
化学品:ベーシックマテリアルズ本部、パフォーマンスマテリアルズ本部
食料:食料本部
鉄鋼:鉄鋼製品本部
エネ:エネルギー第一本部・第二本部
金資:金属資源本部
流通:流通事業本部
WL:ウェルネス事業本部
AP:アジア・大洋州本部
ICT:ICT事業本部
ES:エネルギーソリューション本部
CD:コーポレートディベロップメント本部
N&A:ニュートリション・アグリカルチャ一本部

プロ:プロジェクト本部
モビ:モビリティ第一本部、モビリティ第二本部
化学品:ベーシックマテリアルズ本部、パフォーマンスマテリアルズ本部
食料:食料本部
鉄鋼:鉄鋼製品本部
エネ:エネルギー第一本部、エネルギー第二本部
金資:金属資源本部
流通:流通事業本部
WL:ウェルネス事業本部
AP:アジア・大洋州本部
ICT:ICT事業本部
ES:エネルギーソリューション本部
CD:コーポレートディベロップメント本部
N&A:ニュートリション・アグリカルチャ一本部

DD(データドリブン)経営戦略

データドリブン経営を進めるためには、データ生産者・データ活用者・システム主管者の3種類のプレーヤーが三位一体で取り組むことが必要不可欠です。
データ生産者は適時且つ正確にデータを入力し、データ活用者は既存データを最大限活用して、自ら必要なデータを取りに行くことで、非効率な報告をなくし、システム主管者は社内に散在しているデータを可能な限り集約・整理するとともに、経営から社員まで各レベルで必要とする頻度・粒度でデータを提供できる仕組みをつくります。

DD(データドリブン)経営戦略 DD(データドリブン)経営戦略

DX人材戦略

DX総合戦略を推進していくには、以下の3種類の人材が必要です。
a.ビジネス人材
b.DXビジネス人材
c.DX技術人材

三井物産では、幅広い事業、商品や地域に精通した「その道のプロ」と呼ぶにふさわしい多様な人材が多く働いていますが、現在、その多くはそれぞれの仕事に精通したビジネス人材(a)です。このため、全役職員にDX基本教育を行い、デジタルを標準装備します。
デジタルのトップエキスパートであるDX技術人材(c)は、IT戦略子会社でのグループ内製化を進めるほか、当社自身でも一定数内製化していきます。
最後に、ビジネスとデジタルの双方を深く理解して、ビジネス人材(a)とDX技術人材(c)をつなぐDXビジネス人材(b)が、DXを進めるためには必要不可欠です。
当社では、このDXビジネス人材(b)を今後3年間で、グローバルで100名以上内製化していく方針です。

ビジネス × デジタルスキル ビジネス × デジタルスキル