Main

三井物産について

沿革

三井物産は長きにわたり、「必要なモノやコトを必要としている人々に届ける」という使命を果たすため、さまざまな分野で国・地域やお客さま、人やモノ、事業や情報、アイデアや技術などをつなぎ合わせ、その中から新たな事業や価値を創出してきました。

1947年~1950年代

1947年
第一物産設立
1957年
第一物産がシンガポール支店を開設
1959年
第一物産を中心に三井物産大合同。現在の三井物産誕生

※ 写真:第一物産の社内風景

第一物産の社内風景

1960年代

1965年
木下産商の営業権譲受
1966年
米国三井物産設立

※ 写真:1960年代の本社ビル(西新橋)

1960年代の本社ビル(西新橋)

1970年代~1980年代

1976年
大手町社屋が竣工。港区西新橋から千代田区大手町へ本社移転
1988年
欧州三井物産設立

※ 写真:旧本社ビル(大手町)

旧本社ビル(大手町)

2016年以降

2016年
大手町新本社ビル(大規模複合開発「(仮称)OH-1計画」)着工。2020年竣工予定

※ 写真:2020年竣工予定の新本社ビル(大手町)外観イメージ

2020年竣工予定の新本社ビル(大手町)外観イメージ