Main

グローバルな視点からビジネスを創造し、付加価値の高いサービスを提供することによって、人々の豊かな暮らしづくりに貢献

ビジネス分野

ヘルスケア分野:医療アクセス改善とValue Based Healthcareの提供により、
病気を治し「身体の健康」の改善をサポート
病院・クリニック事業および透析事業などの病院周辺事業、医薬品開発支援・製造・販売事業
ウェルネス分野:疾病予防や、病気の早期発見を通じて「身体の健康」の維持増進をサポート
検査診断事業、医療機器製販事業、疾病予防・デジタルヘルス事業、医療・健康データ事業
ホスピタリティ分野:健康経営を通じ、「心の健康」と「より豊かに輝く人生」をサポート
場づくり事業、コントラクトフードサービス(給食)事業、ユニフォームレンタル事業、
総合施設管理事業、人材派遣・紹介事業、教育事業

リアルとデジタルの融合が生み出す、未来のウェルネス (1分27秒)

他の動画を見る

事業概要

病院事業を中心としたHealthcare Eco Systemから人々を中心としたWellnessの世界へ

アジアを中心とした新興国では、人口増加と高齢化、中間所得者層の拡大、経済発展に伴う慢性疾患の増加など疾病構造の変化に伴い、医療費支出の伸びが加速しています。一方、医療サービスの供給が追い付いておらず、医療の需給ギャップはさらに拡大していくことが見込まれます。この解決に向けて、新型コロナウイルス流行に伴う遠隔診療の普及や、未病・予防も含むWellness分野へ医療のバリューチェーンのひろがりが見込まれるとともに、デジタル技術を活用した顧客満足度向上やオペレーションの最適化に向けた取り組みが必要とされています。

人々が健やかに豊かに笑顔で暮らせる未来を創る

上記のようなトレンドを踏まえ三井物産は、治療から予防へ、病院中心から個人中心へとパラダイムシフトを加速させ、質が高く効率的なヘルスケア「Value Based Healthcare(※)」を広げていきます。

(※)患者へ価値の高い医療提供を目指し、各ステークホルダーはアウトカム最大化とコスト適正化を図る考え方。

主なプロジェクト

病院・クリニック領域
アジア病院事業(マレーシア、シンガポール、トルコ、インドほか)
透析事業を中心とした病院周辺事業(マレーシア、シンガポール、中国ほか)
中国ヘルスケア関連ファンド事業(中国ほか)
ヘルスケアマーケットアクセス領域
医薬品製造販売ほか、ヘルスケア関連製品・サービス・SCM事業(グローバル)
医薬品を始めとしたヘルスケア関連製品開発・販売向け金融事業(グローバル)
ヘルスケアデータ・検査/診断領域
検査診断・医療機器製販事業(グローバル)
疾病予防・デジタルヘルス事業(日本)
医療・健康データ事業(日本、インド、米国ほか)
複合型サービス領域
場づくり事業(日本)
コントラクトフードサービス(給食)事業(日本)
総合施設管理事業(日本)
ユニフォームレンタル事業(日本)
ヒューマンキャピタル領域
医療従事者・IT技術者などの人材派遣・紹介サービス事業(米国)
その他教育関連事業(日本、米国、英国)

動画

  • アジアを中心とする病院事業の展開 (1分27秒)

    アジア最大手の病院グループ・IHHへ出資参画。IHHはシンガポールのマウントエリザベス病院等、数々の医療機関を運営

  • 水族館施設の開発・管理事業 (1分58秒)

    仙台港の商業エリアで水族館をオープン。地域経済の活性化に寄与

  • コントラクトフードサービス事業 (2分46秒)

    エームサービスが給食事業や広島マツダスタジアムのフードサービス運営事業などに取り組む