Main

LNG/天然ガス事業を世界中で展開

ビジネス分野

  • LNG/天然ガス事業への参画・推進
  • LNG/天然ガスの輸入・多国間取引

キャメロンLNGプロジェクト (2分25秒)

Sempra社他パートナーと共にCameron LNGに出資参画。新たに液化設備を建設し米国産LNGの輸出を目指す

他の動画を見る

事業概要

世界的ニーズが高まるLNG/天然ガスの安定供給を担う

エネルギー第二本部は、温室効果ガス排出量が少ないクリーン・エネルギーであるLNG/天然ガス事業に注力しています。環境にやさしいエネルギーのニーズが高まっていることから、世界中でLNG/天然ガスの需要が増加しています。LNG/天然ガスは今後も世界のエネルギー領域で中心的役割を果たし、長期的に成長を続けることが期待されています。

三井物産は、1970年代にアブダビLNGプロジェクトに参画して以来、LNGの生産、輸送、マーケティングまでの全バリューチェーンに幅広く関与してきました。豪州、カタール、アブダビ、オマーン、ロシア、インドネシア、赤道ギニア、米国など世界各地のLNG開発プロジェクトに参画しています。
1992年から取り組んできたサハリンIIプロジェクトをはじめとする大規模プロジェクトを通じて、当社は、長期にわたるLNG/天然ガスの安定供給に努めると同時に、これまでに築いた産ガス国・地域、プロジェクトパートナーとの関係を活かし、LNG/天然ガス事業のさらなる拡張を目指しています。モザンビーク沖では世界有数の天然ガス資源量を確認しており、新規LNGプロジェクトとしての開発に向けた検討を進めます。また、米国ルイジアナ州ではキャメロンLNGプロジェクトの商業生産開始に向け、液化設備の建設などに取り組んでいます。豪州西オーストラリア州沖合のブラウズ・ガス・コンデンセート田についても開発に向けた検討を開始しています。また、グローバル市場におけるLNG・天然ガスの販売力の強化や、自社が保有するLNG輸送船団も活用したLNG物流取引にも取り組んでいます。

主なプロジェクト

  • アブダビLNGプロジェクト(UAE)
  • 西豪州LNGプロジェクト(豪州)
  • カタールLNGプロジェクト(カタール)
  • オマーンLNGプロジェクト(オマーン)
  • 赤道ギニアLNGプロジェクト(赤道ギニア)
  • サハリンII 原油・天然ガスプロジェクト(ロシア)
  • タングーLNG開発・生産プロジェクト(インドネシア)
  • キャメロンLNGプロジェクト(米国)
  • モザンビークArea1 LNGプロジェクト(モザンビーク)
  • ブラウズ天然ガス開発プロジェクト(豪州)

動画

  • サハリンⅡプロジェクト (1分48秒)

    サハリン島北東部沖合の油・ガス田を、パイプラインを通じ島南端の生産・液化設備へつなぎ込みLNG・原油を生産・輸出する大型案件