会社情報 | 金属資源本部 - 三井物産株式会社

Main

金属資源の確保と安定供給に努めるとともに、地球環境に配慮した総合リサイクル事業を推進

ビジネス分野

  • 鉄鋼原料(鉄鉱石、石炭、石油コークス、合金鉄、銑鉄、還元鉄)
  • 非鉄金属・製品(銅、ニッケル、アルミナ/アルミニウム、コバルト、レアメタル、チタン)
  • 鉄鋼・非鉄2次原料(鉄スクラップ、銅スクラップ、アルミスクラップ、アルミ2次合金)
  • リサイクル・環境ソリューション事業

鉄鉱石事業 (1分55秒)

世界最大の鉄鉱石産地、西豪州ピルバラ地区ウエスト・アンジェラス鉱山の開発・運営を通じ、資源の安定供給に貢献

他の動画を見る

事業概要

金属資源の確保と安定供給、地球環境に配慮した総合リサイクル事業を推進

金属資源本部は、日本をはじめとする世界各地域への金属資源の安定供給に努めています。三井物産は1960年代から鉄鉱石および石炭の資源開発に積極的に参画し、安定供給に寄与してきました。2003年には世界最大の鉄鉱石生産・販売会社であるブラジル・ヴァーレ社の持ち株会社ヴァレパール社の株式を15%取得しました。また、豪州におけるリオ・ティント社およびBHP社との鉄鉱石事業も継続的に拡大、三井物産の権益比率に基づく鉄鉱石持分生産数量は約5740万トン(2016年度)です。石炭では豪州でドーソン、ベンガラなどのプロジェクトやBMC社に出資参画しています。また、製鉄には欠かせない鉄スクラップ・還元鉄・銑鉄などの冷鉄源やマンガン・シリコン・クロムなどの合金鉄の安定供給にも貢献しています。中国では内モンゴル自治区のオルドス電力冶金公司に出資参画し、石炭・発電・合金鉄などの事業を推進しています。

銅、ニッケル、アルミニウムなどの非鉄金属資源の投資拡大にも注力してきました。チリではコジャワシ、カセロネス、アングロスールなどの銅プロジェクトに出資参画し、フィリピンではコーラル・ベイ、タガニートニッケルプロジェクトを推進しています。アルミニウムはブラジルでアマゾンアルミプロジェクトに参画し、シンガポールでガームコ社とアルミコイルセンターの運営を手掛けています。

また、地球環境に配慮し、国内外で金属資源・素材のリサイクル事業に取り組んでいます。循環型社会の本格的到来を見据え、金属スクラップや電池リサイクルなどの供給ネットワークを構築していきます。

主なプロジェクト

  • ローブ・リバー、マウント・ニューマン、ヤンディー、ゴールズワージ鉄鉱石事業(豪州)
  • ドーソン、ジャーマンクリーク、ケストレル、ベンガラ、サウスウォーカークリーク、ポイトレル炭鉱事業(豪州)
  • モアティーズ炭鉱、ナカラ鉄道・港湾インフラ事業(モザンビーク)
  • オルドス電力冶金事業(中国)
  • コジャワシ、カセロネス、アングロスール銅鉱山事業(チリ)
  • コーラル・ベイ、タガニートニッケルプロジェクト(フィリピン)
  • シムス社との総合リサイクル事業(米・欧・豪・亜)
  • ガームコシンガポールアルミ製品事業(シンガポール)

動画

  • 豪州石炭事業 (2分19秒)

    ドーソン炭鉱は年間約700万トンの発電用燃料となる原料炭・一般炭を生産。日本を始めアジア各国に輸出

  • チリ / Collahuasi銅鉱山事業 (2分26秒)

    チリのコジャワシ銅鉱山で生産される銅精鉱、銅地金、モリブデン精鉱などを日本、アジアへ安定的に供給