Main

人々のより良い暮らしづくりに貢献するインフラ・プロジェクトをグローバルに展開

ビジネス分野

電力
火力発電、再生可能エネルギー発電、コジェネレーション、蓄電池、バーチャルパワープラント、エネルギーマネジメントサービス、電力小売・卸売など
ハイドロカーボン
LNG受入・輸出基地、ガスパイプライン・ガス配給、石油精製インフラ、化学プラント、深海油田用生産設備など
物流インフラ
港湾インフラ、空港インフラ、内陸物流ターミナルなど
新領域/地球環境
構造変化を先取りした新ビジネスや他営業本部との共同取り組み、地球環境に配慮した事業など(低炭素型都市/スマートシティ開発、水処理事業を含む)

パイトン石炭火力発電事業 (1分57秒)

他の動画を見る

事業概要

プロジェクト開発機能と総合力

プロジェクト本部は経済、社会の発展と、より良い地球環境づくりに必要なインフラを提供しています。

現代の生活に必要不可欠な社会インフラや生産設備の整備・構築には巨額の投資だけではなく、マスタープラン策定、事業性検証、設備供給、建設、金融や事業経営など、さまざまな分野のノウハウが求められます。プロジェクト本部は、多岐にわたる開発や建設のノウハウ、グローバルな物流ネットワーク、最新のファイナンス技術、一流パートナーとの協業などをベースに、プロジェクト実行に最も適したトータル・ソリューションを提供。これまで、ブラジルやメキシコでのガス配給事業、FPSO(浮体式石油・ガス生産貯蔵積出設備)保有・リース事業、世界各地での発電事業を含め、世界中で大型プロジェクトに成功してきました。主な事業領域である電力(火力発電、再生可能エネルギー発電、コジェネレーション、蓄電池、バーチャルパワープラント、エネルギーマネジメントサービス電力小売・卸売ほか)、ハイドロカーボン、物流インフラに加え、新領域/地球環境分野への挑戦を通じて、世界中のさまざまなインフラニーズに応えています。

環境のために、次世代のために

プロジェクト本部は、太陽光・太陽熱、風力、水力、バイオマスなどによる再生可能エネルギー発電プロジェクトへの投資をはじめ、地球環境に配慮したビジネスへの取り組みも強化しています。

主なプロジェクト

  • 電力発電事業案件(日本国内、米州、欧州、中東、アフリカ、アジア、太洋州)
  • ガス配給事業(ブラジル、メキシコほか)
  • FPSO保有・リース事業(ブラジル、アフリカ、アジア、大洋州)
  • 大水深鉱区掘削船事業、サブシー事業(ブラジル)
  • LNGターミナル事業(メキシコ)
  • 港湾ターミナル事業(タイ、インドネシア、アフリカほか)
  • 上下水事業(タイ、メキシコほか)

動画

  • スマートシティ開発 (2分12秒)

  • 港湾事業 (2分09秒)

  • 水事業 (1分19秒)