Main

三井物産のマテリアリティ

インテグリティのある組織をつくる

社会から信頼される企業としてガバナンス・コンプライアンスの強化。

社会課題の認識

社会から求められる価値ある事業の実現を通じて継続的に社会に貢献し、社会から信頼される企業として持続的に成長していくために、その基盤となるコンプライアンスの徹底を含む役職員へのインテグリティ意識の浸透、コーポレート・ガバナンス体制の充実および内部統制の強化が重要であると認識しています。

サプライチェーンマネジメントにおいては、持続可能な調達・生産・物流・販売・消費のために、「人権・労働」「安全衛生」「ビジネス倫理」「環境管理」等に配慮することがより重要になっていると認識しています。

  • コンプライアンスの徹底を含む、役職員へのインテグリティ意識の浸透
  • コーポレート・ガバナンスの充実および内部統制の強化
  • サプライチェーンにおける環境・社会側面の責任拡大
  • サプライチェーンにおける人権配慮の重要性拡大(労働慣行・地域住民への影響等)

主なリスクと機会

リスク

  • 役職員のインテグリティ意識の欠如による、反競争的行為や腐敗・贈収賄等を含むコンプライアンス違反事案の発生
  • コーポレート・ガバナンスおよび内部統制の機能不全の結果、適切な経営判断を欠くことに起因する、事業の停滞・低迷および不祥事の発生等、ならびにこれらを理由とするステークホルダーからの信頼低下
  • サプライチェーンにおける人権侵害や環境負荷によるレピュテーション低下

機会

  • コンプライアンスの徹底を含む、役職員のインテグリティ意識の浸透を通じた、組織の活性化および会社に対する信頼性の向上
  • 実効性の高いコーポレート・ガバナンスの実現および継続的な改善を通じた、持続的な企業価値の向上
  • サプライチェーン全体での環境・人権・労働・コミュニティーへの配慮によるバリューチェーン全体の価値、信頼性の向上

 

三井物産のアプローチ

設定目標

  • 新規調達先へのサプライチェーンCSR取組方針の周知100%

※下記表は横にスクロールしてご覧ください。

取り組みテーマ 関連するSDGs 三井物産の取り組み 関連方針・規程 GRIスタンダードにおけるマテリアルな項目
インテグリティとコンプライアンス ジェンダー平等を実現しよう人や国の不平等をなくそう平和と公平をすべての人に 当社グループが真に社会から信頼される企業グループで在り続けるために、社員のコンプライアンス意識徹底と、インテグリティのある組織づくりにグローバル・グループベースで取り組んでいます。
  • 三井物産グループ行動指針”With Integrity”
  • 三井物産役職員行動規範
  • カルテル防止に向けた行動基準
  • 三井物産贈賄防止指針
  • Global Tax Management基本方針
腐敗防止
反競争的行為
社会経済面のコンプライアンス
コーポレート・ガバナンスと内部統制 平和と公平をすべての人に コーポレート・ガバナンス体制の構築に当たり、「透明性と説明責任の向上」および「経営の監督と執行の役割分担の明確化」を重視しています。また、内部統制プロセスの構築に当たり、企業会計審議会が示している内部統制の基本的枠組みにのっとり、各種制度を導入しています。
  • 三井物産コーポレート・ガバナンス及び内部統制原則
経済パフォーマンス
リスクマネジメント すべての人に健康と福祉を気候変動に具体的な対策を平和と公平をすべての人に 環境・社会・ガバナンス等に関連する定性リスクの高い事業領域を「特定事業」と定め、「特定事業管理制度」にのっとり事業を推進しています。
  • 特定事業管理制度
経済パフォーマンス
人権アセスメント
地域コミュニティー
顧客の安全衛生
大切なビジネス資産である情報の適切な管理は当社にとって必要不可欠であると認識し、個人情報の保護やサイバーセキュリティ対策を行っています。
  • 情報管理規程
  • 情報システム管理規程
  • ITセキュリティ規程
  • 情報セキュリティ方針
  • 個人情報保護方針
  • 個人情報保護規定
 
災害時における事業継続は重要な課題であると認識し、災害時事業継続管理(BCM:Business Continuity Management)体制の下、BCPを策定し、適切な管理体制を維持できるよう、定期的な見直しを行っていきます。
  • 災害時事業継続管理(BCM)方針
  • 災害時事業継続管理(BCM)規程
 
サプライチェーンマネジメントの推進 餓鬼をゼロにすべての人に健康と福祉を安全な水とトイレを世界中にエネルギーをみんなにそしてクリーンに働きがいも経済成長も人や国の不平等をなくそうつくる責任つかう責任気候変動に具体的な対策を海の豊かさを守ろう陸の豊かさも守ろう平和と公平をすべての人にパートナーシップで目標を達成しよう 世界中で多様なサプライチェーンを構築し、機能・サービスを提供しています。そのため、サプライチェーンにおけるさまざまな課題の解決に向け、法令遵守、人権尊重、労働安全衛生の確保、環境負荷の低減、商品・サービスの安全・安心の確保等に配慮し、取引先と共に社会の要請に応えています。具体的には、「サプライチェーンCSR取組方針」に基づいて、サステナビリティへの取り組み状況を毎年調査しているほか、実態調査を行っています。
  • サプライチェーンCSR取組方針
腐敗防止
サプライヤーの環境面のアセスメント
結社の自由と団体交渉
児童労働
強制労働
人権アセスメント
サプライヤーの社会面のアセスメント

Our stories

Our stories

自分の良識や品格に照らして何が適切か、自分で考えて行動するのがインテグリティだと捉えています。