Main

株式会社三井物産戦略研究所

カテゴリーから探す

資源・エネルギー

2023年

2023年10月17日
脱炭素の素材として注目を集める「海藻」―サプライチェーンにも変容の兆し―
2023年8月15日
中国で再注目されるリン酸マンガン鉄リチウムイオン(LMFP)電池 ―ミドルクラスEVを中心に実装が進む予想―
2023年8月15日
EUにおける再エネ導入加速と中国依存低減策―重要原材料法とネットゼロ産業法―
2023年8月15日
中南米における「中国の裏庭化」論の実態と今後の展望
2023年7月18日
世界で見直され始めた原子力発電 ―開発が進む新型原子炉の展望―
2023年6月20日
水、土地の持続可能性評価のススメ ―温室効果ガス排出量算定の次に求められる対応―
2023年6月20日
CBAM運用開始まで2年半、対策を迫られる中東・北アフリカ諸国―トルコとエジプトにおける取り組み―
2023年3月22日
転換点に立つポストBrexitの英国 ―変化の胎動と今後の展望―
2023年3月22日
欧州の原発ルネサンスをけん引するフランス ―クリーンエネルギーの安定確保と原発輸出に取り組む―
2023年2月21日
インドでもカーボンファーミング―世界最大の農地国がクレジット市場の主戦場に―
2023年1月17日
2023年に注目すべき技術「菌糸体」および「知財レポート」 
2023年1月17日
2023年に注目すべき技術「アップサイクル技術」および「知財レポート」
2023年1月17日
2023年に注目すべき技術「メタマテリアル」および「知財レポート」 
2023年1月17日
2023年に注目すべき技術(フルページ)

2022年

2022年12月20日
ウクライナ侵攻後のロシアの気候変動対策―目標に変化なくも脱炭素は停滞―
2022年12月20日
米国でも動き始めた自動車の電動化―転換点を迎える米国自動車産業―
2022年11月28日
論文と特許の技術情報分析 ―鉱山開発におけるSDGs関連技術の動向を例に―
2022年11月17日
欧州で進むカーボンニュートラルコンビナート―オランダ、ベルギー事例を参考にした日本での展開可能性―
2022年10月25日
エネルギー危機と脱炭素で変化する空調市場―環境課題への対応が生み出す成長機会―
2022年9月20日
2030年に向けて進化するサステナブル消費市場—消費行動の変容を加速させる3つの要素—
2022年8月23日
ジオポリマーの技術と展望―セメントを使わない低CO2コンクリート―
2022年6月20日
量産化を急ぐ中国のナトリウムイオン電池産業 ―世界における主導権獲得に向けて先手を打つ―
2022年5月17日
日本のトラック輸送における脱炭素化―労働・環境問題の解決に向けた転換期―
2022年3月15日
インドにおけるグリーン水素製造に向けた取り組みと課題―「エネルギー自立」実現の切り札となるか―
2022年3月15日
中南米3大石油公社、脱炭素を軸に分かれる経営方針
2022年2月15日
オイルメジャーの脱炭素への取り組み―欧州と⽶国で異なるアプローチ―
2022年2月15日
ドイツのバイオガス産業と事業機会―輸送部門でのバイオメタン・バイオLNG利用が拡大へ―
2022年1月31日
2022年に注目すべき技術

2021年

2021年12月14日
EUの炭素国境調整メカニズム―域外からの反発は強いが気候変動対策強化につながる動きも―
2021年12月14日
中東の脱炭素化をリードするUAEとサウジアラビア―域内各国への事業展開も加速―
2021年12月14日
環境保全を軸とした投資促進を図るブラジル―2050年までのカーボンニュートラル実現に向け農業セクターから着手―
2021年11月11日
過渡期を迎えるロシアの気候変動対策―「増やす」と「減らす」で読み解く―
2021年9月14日
気候変動対策を強化する資源国カナダ—州の産業特性に合わせた対策の実施に注目—
2021年9月14日
サーキュラーエコノミーが製造業にもたらす新たなエコシステム—その形成の鍵となるLCA—
2021年9月14日
CCU(CO2有効利用)技術の特許分析からみえる今後の展望―脱炭素への貢献に向けた注目技術と企業
2021年8月12日
中国共産党はなぜ環境問題を重視するのか―安定統治に関わる5つの戦略的意味―
2021年7月13日
欧州で加速する浮体式洋上風力の商用化に向けた動き—2040年までに最大45GW洋上風力導入を目指す日本も浮体式に期待—
2021年6月15日
電力システム強靭化への取り組み—日本の配電電圧を100Vから230Vへ—
2021年4月15日
インドで進む再生可能エネルギーの導入—目標実現に立ちはだかる電力業界の構造問題—
2021年2月18日
脱炭素社会に向けて開発進む蓄熱発電