Main

Environment

環境パフォーマンスデータ

starを付した2021年3月期のデータについては、デロイト トーマツ サステナビリティ株式会社による国際監査・保証基準審議会の国際保証業務基準(ISAE)3000および3410に準拠した第三者保証を受けています。

独立した第三者保証報告書 (PDF 2MB)

エネルギー使用量

※下記表は横にスクロールしてご覧ください。

項目 対象範囲/その他補足 単位 2019年3月期 2020年3月期 2021年3月期 第三者保証 注記
エネルギー使用量   GJ          
    単体 本店、国内支社・支店 205,182 202,522 166,307 star  
    連結 国内外連結子会社 18,700,216 22,788,948 17,148,012 star  
Un-incorporated JV 24,533,657 20,368,551 24,763,476 star  
    合計   43,439,056 43,360,021 42,077,795 star  
  (以下エネルギー源別内訳)              
    燃料   33,551,624 31,925,022 32,358,474    
    電気   8,630,815 10,226,144 9,644,958    
    蒸気・熱・冷水   1,256,617 1,208,855 74,363    
  原単位 単体 本店、国内支社・支店
専有面積1平方メートルあたりの使用電力量
MWh/m2 0.120 0.112 0.070 star  
  再生可能電力使用量     kWh 19,692,015 1,717,825 2,199,370    

温室効果ガス(GHG)

※下記表は横にスクロールしてご覧ください。

項目 対象範囲/その他補足 単位 2019年3月期 2020年3月期 2021年3月期 第三者保証 注記
GHG排出量   千t-CO2e         ※1
  Scope1 単体 本店、国内支社・支店 1 1 1 star  
    連結 国内外連結子会社 331 390 315 star  
Un-incorporated JV 2,857 2,907 3,552 star  
    合計   3,189 3,298 3,868 star  
  Scope2 単体 本店、国内支社・支店 9 8 0 star  
    連結 国内外連結子会社 368 361 244 star  
Un-incorporated JV 210 201 224 star  
    合計   587 570 468 star  
  Scope1+2 総合計   千t-CO2e 3,776 3,868 4,336 star  
  クレジットによる調整前のScope2排出量 単体 本店、国内支社・支店 千t-CO2e - - 7 star  
  Scope1+2(クレジット調整前参考値) 総合計   千t-CO2e - - 4,343 star  
  Scope3 投資 当社投資先事業に関わる排出 千t-CO2e - 32,000 35,000   ※2
    国内輸送 当社が荷主となる委託国内輸送 31 25 21 star  
    通勤 本店従業員の通勤に関わる排出 1 1 1    
    出張 本店従業員の出張に関わる排出 20 20 1   ※3
  Scope1 GHGガス別 CO2 二酸化炭素 2,278 2,300 2,487    
    CH4 メタン 908 997 1,378    
    N2O 一酸化二窒素 3 1 3    
    HFCs ハイドロフルオロカーボン 0 0 0    
    PFCs パーフルオロカーボン 0 0 0    
    SF6 六フッ化硫黄 0 0 0    
    NF3 三フッ化窒素 0 0 0    
  原単位 単体 本店、国内支社・支店
専有面積1平方メートルあたりのGHG排出量
t-CO2e/m2 0.08 0.07 0.004 star  
  クレジット詳細  

※下記表は横にスクロールしてご覧ください。

対象年 クレジットの種類 無効化日 無効化量(t-CO2)
2021年3月期 J-クレジット 2021年6月28日 5,332
2021年3月期 J-VER 2021年6月28日 3,000

※1 [Scope1,2算定の主な基準・係数] GHG Protocol支配力基準に基づく連結。GHG Protocol「Emission-Factors-from-Cross-Sector-Tools-(March2017)」、International Energy Agency (IEA) Emissions Factors 2020、IPCC 2006 Guidelines for National Greenhouse Gas Inventories、エネルギー使用の合理化等に関する法律(省エネ法)等を参照し算定
※2 [Scope3投資] Scope1+2に含まれない金属資源・エネルギー・火力発電の各事業及びその他当社関連会社事業からの排出量をLCAデータベース(IDEA、Ecoinvent)、産業連関モデル等を用い百万t単位で概算した推計値
※3 三井物産の本店役職員が利用した日本発着便のみを算定対象とし、移動距離、旅客輸送のCO2原単位、座席クラス係数、放射強制力指数を基に算出。尚、旅客輸送の原単位は国際線:86.41[gCO2/pkm]を国土交通省の「航空輸送統計年報」より算出して利用
※2020年3月期の連結エネルギー消費量、連結Scope1、連結Scope2、Scope1GHGガス別は一部の算定に誤りが発見されたため修正

水使用量

※下記表は横にスクロールしてご覧ください。

項目 対象範囲/その他補足 単位 2019年3月期 2020年3月期 2021年3月期 第三者保証 注記
取水量   千m3          
    単体 本店、当社自社ビル(大阪、名古屋) 64 61 25 star  
    連結 国内外連結子会社、Un-incorporated JV 330,906 380,674 358,877 star ※4
    合計   330,970 380,735 358,902 star  
  (以下取水源別内訳)              
    工業用水・上水道   10,998 7,618 4,779    
    地下水   18,161 17,704 17,560    
    河川・湖   24,577 21,780 15,405    
      273,034 329,907 316,075    
    雨水   3,661 3,379 3,518    
    その他   539 347 1,565    
  原単位 単体 本店、当社自社ビル(大阪、名古屋)
従業員一人当たりの水使用量
m3/人 16.10 15.69 6.47 star ※5
排水量   千m3          
    単体 本店、当社自社ビル(大阪、名古屋) 64 61 25 star  
    連結 国内外連結子会社、Un-incorporated JV 38,769 32,428 19,281 star ※4
    合計   38,833 32,489 19,306 star ※6
  (以下排水先別内訳)              
    外部処理施設(下水道)   6,837 6,766 2,096    
    地下水   406 390 400    
    河川・湖   6,636 6,400 6,082    
      19,509 18,563 9,893    
    その他   5,445 370 835    
水リサイクル   千m3 8,474 7,873 4,706    

※4 国内外連結子会社及び主なUn-incorporated JVが対象
※5 算定に誤りが発見されたため、2020年3月期の原単位を修正
※6 排水量が不明の場合は取水=排水として算定
※2020年3月期の連結取水量、連結排水量は一部の算定に誤りが発見されたため修正

廃棄物・資源使用量

※下記表は横にスクロールしてご覧ください。

項目 対象範囲/その他補足 単位 2019年3月期 2020年3月期 2021年3月期 第三者保証 注記
廃棄物排出量              
    廃棄物量 本店、当社自社ビル(大阪、名古屋) t 1,220 1,190 956 star  
    リサイクル率   % 81.9 82.2 85.6 star  
    原単位 従業員一人あたりの廃棄物量 t/人 0.309 0.305 0.251 star ※5
    有害廃棄物排出量 特別管理産業廃棄物 t 1.1 1.1 0.4   ※7
汚染防止   t          
    NOx(窒素酸化物) 本店 0 0 0    
    SOx(硫黄酸化物) 本店 0 0 0    
    VOC(発揮性有機化合物) 本店 0 0 0    
資源使用量              
    紙使用量 本店、国内支社・支店 千枚
(A4換算)
38,614 28,778 11,632 star  
    原単位 従業員一人あたりの紙使用量 千枚/人 9.51 7.18 2.97 star  

※5 算定に誤りが発見されたため、2020年3月期の原単位を修正
※7 社内診療所から排出する感染性廃棄物

環境物流

当社では、物流関連取引先と協働し、エコドライブの推進等の燃費向上措置の推進や、車両大型化、混載便の活用、輸送ルート見直し等の輸送効率向上措置の実施、鉄道、船舶の活用によるモーダルシフト等の省エネ施策を行っています。

※下記表は横にスクロールしてご覧ください。

項目 対象範囲/その他補足 単位 2019年3月期 2020年3月期 2021年3月期 第三者保証 注記
環境物流   百万トンキロ          
    当社の扱う物流量 当社が荷主となる委託国内輸送 769 631 506 star  
  (以下輸送手段別内訳)              
    船舶   677 558 433 star  
    貨物自動車   92 73 73 star  
    航空/鉄道   0 0 0 star  
    原単位 トンキロあたり燃料使用量 kℓ/千トンキロ 0.015 0.015 0.015 star  

環境物流(主な取り組み)

陸上輸送に係る省エネ エネルギー消費原単位の良い輸送手段の利用に努める。
・混載便の利用
・大型トラックの活用と積載率アップ
・輸送ルート、手段の工夫
海上輸送に係る省エネ 用船契約に基づく船舶、ならびに当社関係会社運航船舶については、継続して以下の指導に努める。
・船舶の積載率を高くする
・経済的な巡航速度による運航

環境保全・経済効果

当社の2021年3月期の紙・電力使用量の環境保全効果と経済効果は以下の通りです。

※下記表は横にスクロールしてご覧ください。

項目 対象範囲/その他補足 環境保全効果 経済効果
環境保全・経済効果      
    紙使用量 本店、国内支社・支店 17,146千枚 12,080千円
    電力使用量 本店、当社自社ビル(大阪、名古屋) 7,608MWh 184,275千円

環境債務の状況把握

企業経営において、環境問題に対する積極的な取り組みが強く求められる中、当社単体および国内グループ子会社の土地、建物等有形固定資産の環境リスク、特にアスベスト、PCB、土壌汚染については、法的要求事項への対応にとどまらず、自主的に調査を通じて把握をし、迅速な経営方針の決定・判断に役立てるよう対応を図っています。

環境関連の罰金・罰則

当社における2021年3月期の環境関連の罰金・罰則はありませんでした。