Main

環境課題の解決に取り組み、環境と調和する社会づくりを目指します。

三井物産の森

社有林「三井物産の森」

三井物産は日本国内74か所に、国土の約0.1%の面積に相当する合計約44,000ヘクタールの社有林「三井物産の森」を保有しています。
当社は、長期にわたり、必要な施業等を適切に実施し、保有する森林全体を「持続可能な森林」として経営・管理することで、森林が持つ多様な価値や機能を守り育て、社会に還元しています。

気候変動への対応

当社の環境方針においては、温室効果ガスの削減や気候変動の緩和と適応に貢献する事業の推進に努めることを掲げています。また、中期経営計画2023においては、気候変動をサステナビリティ経営における重点課題の一つに特定しています。
三井物産の森はさまざまな公益的機能を発揮し、CO2の蓄積・吸収に貢献しているほか、全体の約30%が「水源涵養保安林」として公的に指定され、水資源の確保や水害緩和に役立っています。

生物多様性の保全

三井物産の森では山林の地形や樹種など様々な特徴を捉えて管理方法を分ける「ゾーニング」を行っており、「循環林」、「天然生林」、「生物多様性保護林」などに分類し、それぞれの管理方針に基づき適切な森林管理を行っています。特に「生物多様性保護林」では保護価値の高い森林を選定、「特別保護林」、「水土保護林」、「環境的保護林」、「文化的保護林」の4種類に分類し生物多様性に配慮した管理、施業を行っています。
生物多様性への影響を評価し、その保全に努めるという当社方針に沿って、三井物産の森においても生物多様性の保全に取り組んでいます。