Main

世界中の国・地域で事業を展開する企業として、環境と調和する社会づくりに取り組みます。

三井物産の森

三井物産のマテリアリティの一つである「環境と調和する社会をつくる」に対応すべく、サステナブルな社会の実現に向けて、豊かな森を未来につなぎます。

三井物産の森とは

三井物産の森とは

北海道から九州まで、全国74か所に合計約44,000ヘクタールの社有林「三井物産の森」を保有しています。広さは東京23区の約70%、日本の国土の0.1%の面積に相当します。当社は、森林管理方針を定め、森を守り、大切に育て、森の恵みを環境・社会・経済すべてにおいて多面的に利活用してきました。

「三井物産の森」は森が持つさまざまな公益的機能を発揮し、CO2の蓄積・吸収に貢献しているほか、全体の約30%が「水源涵養保安林」として公的に指定され、水資源の確保や水害緩和に役立っています。当社はこの「三井物産の森」を適切に管理し、国内で1万ヘクタール以上の大規模な森林を保有する民間企業として唯一、FSC®認証(FSC®-C057355)およびSGEC認証(認証番号SGSJP-031)の2つの森林認証を取得しています。

一方、環境保全と林業の両立を目指して、施業で得た収益を天然林・天然生林の整備にも資金還流できる経済性ある仕組みづくりに取り組み、日本の年間木材需要の約0.1%(約5万m2)の木材を安定供給しているほか、当社が出資・参画する北海道・苫小牧市および下川町での木質バイオマス発電事業の燃料材も供給しています。

森の公益的機能

「三井物産の森」が
吸収する二酸化炭素量

160,000t/年

※当社試算根拠"IPCC Guidelines for National Greenhouse Gas Inventories" Tier 2

「三井物産の森」が
蓄積している二酸化炭素量

10,000,000t

※当社試算根拠"IPCC Guidelines for National Greenhouse Gas Inventories" Tier 2

「三井物産の森」の
公益的機能の経済価値

2000億円

環境省公表「平成29年度 企業の生物多様性保全活動に関わる生態系サービスの価値評価」の算定モデルを利用