Green&Circular 脱炭素ソリューション

可視化

企業視点の排出量可視化 /e-dash

e-dashは、企業や自治体のCO2の可視化から削減を支援するプラットフォーム「e-dash」を提供しています。
「e-dash」では電気やガスの請求書をアップロードするだけで、月々の水道光熱費をデータ化することに加え、CO2排出量(Scope 1,2)を自動で算出・可視化します。サプライチェーン排出量(Scope 3)の算定にも対応しており、脱炭素に向けた最初のステップ「排出量の可視化」を手間なく簡単に、かつ正確に実現します。
「e-dash」では、企業単位、事業所単位での排出量可視化が可能であり、多拠点展開型の企業や、金融機関をハブとした地域の中小企業に対し、最適な排出量の可視化ソリューションを提供します。
また、可視化後の具体的な排出量削減施策として、電力の切り替え、非化石証書やカーボンクレジットの販売、再生可能エネルギーの導入など、企業や自治体の脱炭素の取り組みを総合的に支援しています。
加えて、これから脱炭素に取り組む企業に、難解な脱炭素の用語や仕組みを分かりやすく解説し、カーボンニュートラルを加速させるメディア「accel」を運営し、脱炭素に関する情報提供を行っています。

メディア「accel」について詳しく見る

e-dashに興味のある方は以下「お問い合わせはこちら」をクリックしてお問い合わせ下さい。

関連リリース

関連する記事

関連ソリューション

ご質問やご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら