Main

三井物産環境基金

助成案件を探す

特定非営利活動法人 表浜ネットワーク

表浜海岸のアカウミガメと自然環境の保全

活動助成

案件概要

愛知県豊橋市・表浜海岸における絶滅危惧種アカウミガメの保全活動。同海岸は日本有数のアカウミガメの産卵地だが、近年、砂浜の激減により消波ブロックがむき出しになり、アカウミガメの行く手を阻み、さらに台風の影響もあり、産卵率、孵化率が低下している。2005年、自治体が試験的に一部の消波ブロックを撤去したが、根本的な対策は講じられていない。本活動ではアカウミガメの上陸、産卵、孵化に関するデータを収集し、流失の可能性のある卵を、安全な孵化場所に移動することで、孵化率の向上を図る。また、2年後を目標に、同海岸のラムサール条約への登録を目指す。

対象領域
気候変動表土・森林生物多様性
助成年度
2006年度 助成
助成期間
3年
2006年7月〜2009年6月
助成金額
5,300,000円
対象地域
愛知県豊橋市
愛知県表浜海岸におけるアカウミガメの孵化調査

団体概要

理事長 田中 雄二
代表者
理事長 田中 雄二
設立年
2005年
設立目的
遠州灘海岸は、絶滅危惧種であるアカウミガメの産卵地であり、また全国有数の農業地帯から、海食崖、緩やかな砂丘帯を経て広い砂浜に続く、日本では稀有な海岸である。しかし、この自然豊かな海岸が、環境の変化により失われつつある。生物の多様性保全のためにも、アカウミガメを環境の指標と位置付け、課題の解決を図ることを目的として設立した。
主な活動地域
愛知県豊橋市
スタッフ数
非常勤3名、正会員10名 
年間事業規模(経常収入)
2005年度139万円/2006年度305万円/2007年度244万円
連絡先
〒441-3124 愛知県豊橋市寺沢町睦美665-12 
TEL:0532-21-1192 
http://www.omotehama.net/
主な活動内容
  • ①アカウミガメの調査: 上陸、産卵、孵化の状況を調査する。またタートルトラックや周辺環境などを記録し、生態系の保全を図る。
  • ②砂浜再生プロジェクト: 垣根を作り、冬の間の強い風を利用し、砂を溜める養浜活動。産卵に来るアカウミガメの砂浜を、市民の手で作ろうという取り組み。
  • ③表浜エクスカーション: 海岸などの専門家と、海岸を歩きながら自然や海岸の現状を見て課題などを学ぶ研修旅行。当団体がガイドを行い、海岸の管理者や利用者が専門家と議論し、また、この地域の歴史文化や産業、人々の暮らしなどを地域の財産として紹介する。
  • ④表浜シンポジウム: 1年間の活動報告と表浜海岸をテーマに講演会を行う。

これは助成決定時の情報です。最新の情報と異なる可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。