Main

鉄鋼業への低炭素鉄源および低炭素製鉄ソリューション提供に向けた取り組みの検討開始

2020年7月13日


三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:安永竜夫、以下「三井物産」)は、当社の出資先で世界有数の鉄鉱石サプライヤーであるVale S.A(以下「Vale社」)、世界中でMIDREX®プラントの建設実績を有する株式会社神戸製鋼所(以下、「神戸製鋼所」)、神戸製鋼所の在米国の子会社であるMidrex Technologies, Inc(以下「Midrex社」)と、世界の鉄鋼業界向けに低炭素鉄源および低炭素製鉄ソリューションを提供する新会社の立ち上げを共同で検討することに合意しました。

鉄鋼は社会インフラや耐久消費財などの構成に欠かせない主要素材として、世界中の人々の生活を支えています。一方で、世界的に気候変動対策の観点からCO2排出削減ニーズが高まっており、鉄鋼生産に伴い排出されるCO2の削減についても注目されています。

神戸製鋼所とMidrex社が展開するMIDREX®プロセスは、鉄鉱石を天然ガスなどで還元することで、CO2の排出量削減に寄与する直接還元鉄法の一つで、世界の還元鉄生産量の60%以上を占めるシェアを持つリーディングプロセスです。また、Vale社の100%子会社であるTecnored Desenvolvimento Tecnológico S.A.は、バイオマス、合成ガス、水素などを活用した、低CO2排出銑鉄の製造法を開発しています。新会社は各社の技術に加え、三井物産のマーケティング、事業開発などのノウハウを活用し、世界の鉄鋼業界向けに低炭素鉄源および低炭素製鉄ソリューションを提供することを目指します。

三井物産は本事業の検討を通じて今後も社会の発展に不可欠な資源の持続可能な安定供給と、環境と調和した社会づくりに取り組んでいきます。

MIDREX®プロセスで生産された還元鉄MIDREX®プロセスで生産された還元鉄

三井物産のマテリアリティ(重要課題)

三井物産は、「世界中の未来をつくる」を企業使命に、さまざまなステークホルダーの期待と信頼に応え、大切な地球と人びとの豊かで夢あふれる明日を実現すべく、サステナビリティ経営の重要課題としてマテリアリティを特定しています。本件は、5つのマテリアリティの中でも、特に「安定供給の基盤をつくる」、「環境と調和する社会をつくる」の実現に資する取り組みです。

  • 安定供給の基盤をつくる

    安定供給の基盤をつくる

  • 豊かな暮らしをつくる

    豊かな暮らしをつくる

  • 環境と調和する社会をつくる

    環境と調和する社会をつくる

  • 新たな価値を生む人をつくる

    新たな価値を生む人をつくる

  • インテグリティのある組織をつくる

    インテグリティのある組織をつくる