リリース | 英国St.Albans Schoolのインターナショナルスクール運営事業への出資参画 - 三井物産株式会社

Main

英国St.Albans Schoolのインターナショナルスクール運営事業への出資参画

2016年2月15日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:安永竜夫、以下「三井物産」)は英国伝統校St.Albans School(在Hertfordshire、創設948年)のインターナショナルスクール運営事業(会社名:St.Albans School International Management Company Pte Ltd、以下「SASIMCO」)に資本参画しました。SASIMCOはアジア・中東地域での St.Albans Schoolのインターナショナルスクール事業の運営を目的として、英国St.Albans School International Ltd(SASI)とシンガポールのDEW Ventures and Consultancy Pte Ltd(DEW)の折半出資により設立されたものであり、三井物産はこの度、SASIMCOの株式を最大20%まで取得します。

経済のグローバル化とそれに伴う英語教育含むグローバル教育へのニーズの高まりによって、インターナショナルスクールは世界で約7,000校、市場規模330億米ドルに達し、今後10年内に650億米ドル(年率6.5%成長)になると見込まれています。こうした市場拡大は海外駐在子女のみならず、高い教育レベルを求める現地子女の需要に支えられたもので、中でもアジア・中東地域において著しく増加しています。日本においてもIB認定校を導入する等、グローバル教育の必要性が問われています。

St.Albans Schoolは中高校生を対象とする英国内有数の高い教育水準を誇る伝統校であり、SASIが学校長以下教師陣の選定や、品質高い教育カリキュラムの策定などを行います。SASIMCOは、現地の学校運営者とManagement Agreementを締結し、それに基づいて現地校が実際のオペレーションを実施します。

三井物産は、これまでもヒューマンキャピタル(人財)を重視する事業を推進しており、既に日本・英国・ブラジル・米国にて教育関連事業を手掛けている他、米国で高度専門人材の派遣・紹介事業に参画しています。

今回のSASIMCOへの出資はこうした戦略に基づいたもので、当社は長年にわたり培ってきた海外ネットワークを活用し今後の事業展開に際して信頼できるパートナーの誘致などを担当し、St.Albans Schoolの高品質な教育を日本を含むアジア・中東地域に提供していきます。

SASIMCO社概要

正式名称 St.Albans School International Management Company Pte Ltd
本社所在地 シンガポール
設立年 2015年2月
代表者 Krishnan Srinivasan,Chris McIntyre
事業内容 英国St.Albans Schoolのインターナショナルスクール事業運営

事業ストラクチャー

事業ストラクチャー

St.Albans School外観

St.Albans School外観

St.Albans School図書館内観

St.Albans School図書館内観

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手している情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information