リリース | ブラジルセアラ州のガス配給事業会社の株式取得について - 三井物産株式会社

Main

ブラジルセアラ州のガス配給事業会社の株式取得について

2014年12月18日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下「三井物産」)は、ブラジル北東部セアラ州の地域ガス配給事業会社(以下「ガス事業会社」)であるCompanhia de Gas do Ceara S.A.(以下「Cegas社」)の一部株式取得につき、2014年12月17日にTaquari Participacoes S/Aと株式売買契約を締結しました。

三井物産は2006年にブラジル7州のガス事業会社に出資参画するMitsui Gas e Energia do Brasil Ltda(以下「三井ガス」)を買収し、以後8年間にわたり同国のガス配給インフラ整備と安定的なガス配給に取り組んできました。今般、三井ガスを通じCegas社株式(普通株24.5%、優先株50%、経済損益比率41.5%)を取得することにより、三井ガスが出資参画するガス事業会社の取扱配給総量は日量1,469万m3となり、ブラジル国内のガス配給取扱量の22%を担うことになります。

Cegas社は、州政府との間で締結したコンセッション契約に基づき、セアラ州内でガスパイプライン網などのガス配給インフラ整備に取り組むと共に、ブラジル石油公社のペトロブラス社より購入したガスを州内の発電所、一般産業需要家や天然ガス自動車用燃料等として配給しています。

セアラ州は、人口2.5百万人を擁するブラジル第5位の都市フォルタレーザ市を州都とし、欧米・アフリカへのアクセスに便利なペセン港につながるブラジル北東部の鉄道整備が進むなど、産業集積地としても地理的に優位性のある州です。現在Cegas社は州内発電所及び産業需要家を中心に日量196万m3のガスを配給しており、今後の経済発展に伴いガス需要の増加が見込まれます。

三井物産は三井ガス事業運営を通じて培った知見・ノウハウを活かして、事業パートナーであるセアラ州政府及びペトロブラスと共に、セアラ州でのガス配給事業での貢献を目指すとともに、ブラジルにおけるエネルギー関連事業の更なる拡大を図ります。

Cegas社概要

会社名 Companhia de Gas do Ceara S.A. (Cegas社)
コンパニーア デ ガス ド セアラ (セガス社)
本店所在地 セアラ州フォルタレーザ市、ブラジル
設立 1992年 (操業開始1994年)
資本構成
(買収後)
普通株: 三井ガス24.5%、州政府51%、ガスペトロ(*)24.5%
優先株: 三井ガス50%、ガスペトロ50%
事業概要 セアラ州内ガス配給事業 (独占)
ガス配給量 196万m3/日
コンセッション期間 50年 (~2043年)
保有パイプライン 350km

*ガスペトロはペトロブラス100%子会社

三井ガス傘下ガス事業会社MAP

三井ガス傘下ガス事業会社MAP

ご意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手している情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information