Main

社会からの評価

外部評価

三井物産は国内外のESG投資指数(インデックス)に選定される等、社会から評価されています。

Dow Jones Sustainability Indices

Dow Jones Sustainability Index(DJSI)は、S&P Globalグループ傘下である米国Dow Jones社とスイスのRobecoSAM社によって開発された、世界的なESG投資の株価指数です。世界各国の大手企業を対象に、企業の社会的責任について経済・環境・社会の分野で評価し、総合的に優れた企業を構成銘柄として選定しています。
2021年に実施されたDJSIの質問書に対する回答の結果、当社はWorld Indexおよび Asia Pacific Indexの構成銘柄に選定されました。

Dow Jones Sustainability Indices

S&P Global Sustainability Award

S&P Global社は毎年、世界の大手企業を対象に「経済・環境・社会」の3つの側面から持続可能性(サステナビリティ)を評価し、各インダストリーにおける上位の企業をそのスコアに応じ「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」クラスとして選定しています。当社は、Trading companies and Distributors インダストリーにおいて「ブロンズ」クラスに選定されました。

S&P Global Sustainability Award

FTSE4Good Index Series

FTSE4Good Global Indexは、ロンドン証券取引所100%出資のFTSE Russell社が開発した株価指数です。世界各国の大手企業を対象に、サプライチェーンにおける労働基準を含めた環境・社会・ガバナンス面の調査を行い、企業の持続可能性を評価の上、同社の基準を満たした企業が選定されます。当社は、2004年より同インデックスの選定基準を満たし、組み入れ企業として選定されています。

FTSE4Good Index Series

FTSE Blossom Japan Index

FTSE Blossom Japan Indexは、環境・社会・ガバナンス(ESG)について優れた対応を実践している日本企業のパフォーマンスを測定するために設計された指数です。国連の持続可能な開発目標(SDGs)を含む既存の国際的なESG基準に基づいたFTSE RussellのESG評価モデルを使用して作成されており、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)のESGのパッシブ運用ベンチマークとしても採用されています。当社は、同指数の選定基準を満たし、2017年より組み入れ企業として選定されています。

FTSE Blossom Japan Index

FTSE Blossom Japan Sector Relative Index

FTSE Blossom Japan Sector Relative Index(以下、「FTSE Blossom SR」)は、グローバルインデックスプロバイダーであるFTSE Russellにより構築された、各セクターにおいて相対的に、環境、社会、ガバナンス(ESG)の対応に優れた日本企業のパフォーマンスを反映するインデックスで、セクター・ニュートラルとなるよう設計されています。また低炭素経済への移行を促進するため、特に温室効果ガス排出量の多い企業については、TPI経営品質スコアにおいて改善の取り組みが評価されている企業のみが組み入れられています。
FTSE Blossom SRは、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)のESGのパッシブ運用ベンチマークとして採用されており、当社は同指数の選定基準を満たし、2022年より組み入れ企業として選定されています。

FTSE Blossom Japan Sector Relative Index

MSCI日本株女性活躍指数

MSCI日本株女性活躍指数は、MSCI(Morgan Stanley Capital International )社によって開発され、各業種から性別多様性が高い日本企業が選ばれており、GPIFのESGのパッシブ運用ベンチマークとしても採用されています。当社は、同指数の選定基準を満たし、組み入れ企業として選定されました。

当社のMSCI指数への組み入れ、および本ページにおけるMSCIのロゴ、商標、サービスマークまたは指数名称の使用は、MSCIまたはその関連会社による当社への後援、保証、販促には該当しません。MSCI指数はMSCIの独占的財産です。MSCI指数の名称およびロゴはMSCIまたはその関係会社の商標またはサービスマークです。

MSCI日本株女性活躍指数

CDP

CDPは主要国の時価総額上位企業に対して気候変動に対する戦略や温室効果ガスの排出量等の情報開示を要求し、その回答とスコアを機関投資家が参照するESG評価プログラムで、当社は2011年より回答しています。2021年に実施されたCDPの質問書に対する回答の結果、Climate Change:B、Water Security:B-、Forests(timber):Bの評価を受けました。


イニシアティブへの参画:CDP

CDP(Carbon Disclosure Project)

Sustainalytics ESG Risk Ratings

Sustainalytics ESG Risk Ratingsは、Sustainalytics社が世界的な先進企業や金融機関向けに提供するESG(環境、社会、ガバナンス)リスク評価で、企業がさらされている産業固有のリスクとそのリスクへの対応状況を評価しています。当社は2022年3月に、財務的に重大な影響を及ぼすESGリスクが低い企業(Low Risk)として評価されました。

Copyright ©2022 Sustainalytics. All rights reserved. This article contains information developed by Sustainalytics (www.sustainalytics.com). Such information and data are proprietary of Sustainalytics and/or its third party suppliers (Third Party Data) and are provided for informational purposes only. They do not constitute an endorsement of any product or project, nor an investment advice and are not warranted to be complete, timely, accurate or suitable for a particular purpose. Their use is subject to conditions available at https://www.sustainalytics.com/legal-disclaimers

Sustainalytics ESG Risk Ratings

なでしこ銘柄

なでしこ銘柄は経済産業省と東京証券取引所が共同で、全上場企業を対象に業種ごとに女性活躍推進に優れた企業を選定しています。当社は「なでしこ銘柄」「準なでしこ」に2014年度以降7年連続で選定されています。
「なでしこ銘柄」選定:2014年度、2015年度、2017年度、2019年度、2020年度
「準なでしこ」選定:2016年度、2018年度

なでしこ

えるぼし

えるぼしは、2016年4月1日に施行された「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」に基づいて届出を行った企業のうち、一定の基準を満たし、女性の活躍推進に関する取り組みの実施状況等が優良な企業が認定されるものです。当社は2016年9月に厚生労働大臣から3段階中2段階目のえるぼし認定を取得しました。

えるぼし

くるみん認定

くるみん認定は、次世代育成支援対策推進法に基づき、一般事業主行動計画を策定した企業のうち、計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業は、申請を行うことによって「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を受けることができます。当社は、一連の両立支援施策によって、2008年、2011年、2015年と3回にわたり厚⽣労働大臣から子育て支援に積極的に取り組んでいる企業として認定され、次世代認定マーク(くるみん)を取得しました。

くるみん認定

健康経営優良法人

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みを基に、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を経済産業省と日本健康会議が共同で顕彰する制度です。当社はこの「健康経営優良法人~ホワイト500~」に5年連続で認定されました。

健康経営優良法人

DX注目企業2021

経済産業省と東京証券取引所が選定する「デジタルトランスフォーメーション(DX)銘柄」における「DX注目企業2021」に選定されました。
DX銘柄は、経済産業省と東京証券取引所が、東京証券取引所に上場している企業の中から選定するものです。目標となる企業モデルを広く波及させると共に、IT利活用の重要性に関する経営者の意識変革を促すことが目的で、企業価値の向上につながるDX推進の仕組みを社内に構築し、実績が表れている企業が選ばれます。今年度は、「DX銘柄2021」として28社、「DX注目企業2021」として三井物産を含む20社が選定されました。
当社は、中期経営計画2023で「変革と成長」を掲げて、デジタル技術やデータの活用により事業収益力の向上やビジネスモデルの変革・創出を目指すDX総合戦略を推し進めており、これらの取り組み等が評価されました。

受賞歴(過去5年)

2022年3月期

東洋経済新報社「CSR企業ランキング」

株式会社東洋経済新報社が発表した第16回CSR企業ランキング (2021年版)において、総合商社史上初・最高順位となる総合4位の評価を獲得しました。

日本IR協議会「IR優良企業大賞」

一般社団法人日本IR協議会による、2021年(第26回)「IR優良企業賞2021」において、三井物産として初となる「IR優良企業大賞」に選定されました。尚、2008年、2018年、2019年に「IR優良企業賞」を、2014年に「IR優良企業特別賞」を受賞しています。

日本IR協議会「IR優良企業大賞」

日本証券アナリスト協会「ディスクロージャー優良企業」

公益社団法人日本証券アナリスト協会による、2021年(第27回)「証券アナリストによるディスクロージャー優良企業選定」において、三井物産として5年連続6度目の、商社部門での第1位の優良企業に選定されました。

日本証券アナリスト協会「ディスクロージャー優良企業」

大和インベスター・リレーションズ2021年インターネットIR 「優秀賞」、「サステナビリティ部門 最優秀賞」

大和インベスター・リレーションズ株式会社による「2021年インターネットIR表彰」において優秀賞を受賞しました。また、2021年に新設された「サステナビリティ部門」においては、最優秀賞を受賞しました。

大和インベスター・リレーションズ2021年インターネットIR 「優秀賞」、「サステナビリティ部門 最優秀賞」

2021年3月期

  • 日本証券アナリスト協会「ディスクロージャー優良企業選定」
  • 大和インベスター・リレーションズ「2020年インターネットIR 最優秀賞」

2020年3月期

  • 日本IR協議会「IR優良企業賞2019」
  • 日本証券アナリスト協会「ディスクロージャー優良企業選定」商社部門1位の優良企業、個人投資家向け情報提供における優良企業(全業種対象)3位
  • 日本経済新聞社「第22回日経アニュアルリポートアウォード」優秀賞
  • 文部科学省「青少年の体験活動推進企業表彰」文部科学大臣賞(最優秀賞)(三井物産「サス学」アカデミー)

2019年3月期

  • 日本IR協議会「IR優良企業賞2018」
  • 日本証券アナリスト協会「ディスクロージャー優良企業賞」商社部門1位、個人投資家向け情報提供における優良企業2位(各業種の上位1割となる28社中)
  • 日本経済新聞社「第21回日経アニュアルリポートアウォード」優秀賞
  • 環境省「第22回環境コミュニケーション大賞」環境報告書部門優良賞
  • 文部科学省「青少年の体験活動推進企業表彰」審査委員会奨励賞(三井物産「サス学」アカデミー)

2018年3月期

  • 日本証券アナリスト協会「ディスクロージャー優良企業」商社部門1位
  • 日本経済新聞社「第20回日経アニュアルリポートアウォード」優秀賞
  • 文部科学省「青少年の体験活動推進企業表彰」審査委員会特別賞(三井物産「サス学」アカデミー)

社会からの評価