Main

豪州サウス・フランク鉄鉱山の新規開発を決定

2018年6月15日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:安永竜夫、以下「三井物産」)は、大手資源会社のBHP社(以下「BHP」)および伊藤忠商事株式会社(以下「伊藤忠」)と西豪州で共同運営する鉄鉱石事業のマウント・ゴールズワージィJV(権益比率:三井物産7%、BHP 85%、伊藤忠8%)を通じて、サウス・フランク鉄鉱山の開発を行うことを決定しました。総開発費は先行投資分を除き34億米ドルを予定し、持分権益比率に応じて三井物産は約2.4億米ドルを投資します。2021年に生産を開始し、25年以上に亘り生産を継続する予定です。

サウス・フランク鉄鉱山は西豪州ピルバラ地域に位置し、終掘が近づいている近隣のヤンディ鉄鉱山の年間生産能力80百万トンを代替していきます。操業コストの低い露天掘りで高品位の大型優良鉄鉱山であり、既存のインフラを最大限活用することで開発費用を大きく抑制し、高いコスト競争力を実現します。

三井物産は、西豪州地域でBHPおよび伊藤忠と1967年から長年に亘り鉄鉱石事業のパートナー関係にあり、現在4つの共同事業を運営しています。2017年度の年間出荷量は合計で約270百万トンであり、2019年度までに290百万トンへの拡張を進めていきます。

三井物産は、中期経営計画において金属資源を中核分野の一つと位置付けており、鉄鉱石事業では既に世界トップクラスにあるコスト競争力の更なる強化に取り組んでいます。中国の急速な成長による資源のスーパーサイクルは一巡しましたが、アジアを中心として需要は引き続き底堅いと見込まれており、特に環境負荷の低い高品位の資源に対するニーズが高まっていくと予想されます。コスト競争力の強化、持分生産量の拡大、鉱量の拡充を三位一体として、競争優位性を高めて収益基盤の強化を図っていきます。

BHPとの鉄鉱石事業、及びサウス・フランク鉄鉱山 地図

BHPとの鉄鉱石JV、及びサウス・フランク鉄鉱山 地図

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手している情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information