Main

テクマトリックス社と医療画像AIプラットフォーム事業の合弁会社を設立

2018年1月22日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:安永 竜夫、以下「三井物産」)と、医療画像管理クラウドサービス最大手であるテクマトリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:由利 孝、以下「TMX」)は、TMX社によって新規設立される株式会社NOBORI(以下、「新会社」)の第三者割当増資を三井物産が引き受けることに合意しました。TMX社は新会社へ医療システム事業を承継し、三井物産は新会社への約22億円の出資を通じて新会社株式の33.34%を取得します。

世界各地で医療に対するニーズが増加の一途をたどっている一方で、医療サービス提供者側のリソースは逼迫しており、AI等の新技術活用による課題解決が必要とされています。また、個人が長く健康でいるために、個人の健康・医療情報を管理・活用することで、それぞれの健康状態に適した良質なサービス提供への期待が高まっています。

TMX社が新会社へ承継する医療画像管理クラウドサービス事業の「NOBORI」は、こうしたさまざまな社会的ニーズに応えるもので、カバーする領域も放射線分野以外に病理・内視鏡・超音波等の多分野に広がっています。現在では、累積契約施設数は720を超え、画像データ量は、患者数にして延べ2,000万人分、検査数では1億検査分と、大量の画像情報を蓄積するに至っています。新会社は引続き「NOBORI」事業の拡大を図ると同時に、蓄積された画像データを基にデータプラットフォームを構築、医療の高度化に資する読影診断支援AIサービスや、医療施設と連携した個人向けサービスを開発・展開していきます。

三井物産はデータを資本と捉え、ICTを活用した新しい事業をヘルスケア分野等の様々な領域で推進しています。国内及び海外でのヘルスケア・ICT事業を通じて蓄積した知見とグローバルネットワークを活用して、新会社の事業展開を支援していきます。さらに、「NOBORI」を通じて、医療サービスの最終需要者である個人が、医療情報によって利益を享受できる新たな事業モデルの構築を目指していきます。

なお、本件は社内オープンイノベーションを目的として2014年8月より導入した新事業創出プログラム「Karugamo Works」での活動を通じて創出された案件です。Karugamo Worksでは業務時間の20%を従来の担当業務以外に使い、イノベーション推進案件制度(*)を活用した新事業創出に取り組んでいます。

(*)イノベーション推進案件制度:社内で設定している投資基準、撤退基準を一部適用除外とし、長期的視点から大きな収益貢献が期待出来る、新たな事業領域への参画を支援する制度です。

新会社概要

名称 株式会社NOBORI
所在地 東京都港区三田三丁目11番24号
設立年月日 2018年1月22日
代表者 代表取締役社長 依田 佳久
事業概要 医療画像管理クラウドサービス事業及び医療データプラットフォーム運営事業

NOBORIサービス・プロダクトイメージ

NOBORIサービス・プロダクトイメージ

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手している情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information