リリース | オマーン国・Liwa Plastics Industries Complex 建設案件契約の調印について - 三井物産株式会社

Main

オマーン国・Liwa Plastics Industries Complex 建設案件契約の調印について

2015年12月17日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:安永竜夫、以下「三井物産」)は、韓国のエンジニアリング会社GS建設と共同で、オマーン国営石油精製・石油化学公社であるOman Oil Refinery and Petroleum Industries Company SAOC(以下「ORPIC」)が2015年9月21日に実施した「Liwa Plastics Industries Complex」の入札に参加し、今般、ORPICから天然ガス液抽出設備の建設契約を受注し、12月17日にオマーン国・マスカットにおいて契約調印します。

オマーン国は石油・ガス分野を中心とした経済成長に伴う産業多角化の一環として、プラスチック原料となるポリエチレン・ポリプロピレン製造事業を進めており、三井物産は同化学製品の原料となる天然ガス液を抽出する設備の建設を行います。

三井物産はオマーン国での陸上油・ガス田生産開発プロジェクト、オマーンLNGプロジェクトへの参画を通じ、石油・ガス上流分野での事業をこれまで手掛けており、下流分野でも重要インフラであるSalalah-2発電事業に出資参画していますが、本件は同国の石油化学産業の発展に貢献する最初のプラント建設案件となります。三井物産は、海外プラント建設で培った豊富なノウハウ及びオマーンでのインフラ事業実績を活かし、本案件の確実な契約履行に貢献します。三井物産はオマーン国をインフラ分野における重点国の一つと位置付けており、引続き同国への国創りに貢献すると共に、優良案件の受注を目指します。

事業概要

プラント概要 約670mmscf/日の生産能力を有する天然ガス液抽出設備一式
発注者 ORPIC Plastics LLC.
(オマーン国石油精製・石油化学公社のORPICが100%出資する事業会社)
契約内容
提供役務
プラント概要設備一式の設計、機材調達、建設、試運転助勢役務
契約形態 ランプサムフルターンキー契約
受注者 当社、GS建設の2社コンソーシアム
契約金額 約700百万ドル(約840億円)
納期 契約発効後43か月
建設場所 オマーン国ファフド地域

調印式

調印式

オマーン地図

オマーン地図

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手している情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information