Main

[ブッサンジンがゆく]
アジアの医療を変革し、未来の豊かさを生み出したい

株主通信 2019年夏号


青井 祐輔

青井 祐輔 Yusuke AOI

Parkway Group Healthcare Pte Ltd.
Vice President

アジア最大の病院グループIHHへの経営参画

当社ヘルスケア事業の中核は、アジア最大の民間病院グループ・IHH Healthcare Bhd.(以下IHH)への経営参画だ。2011年の株式取得以降、当社はIHHの基盤拡大を支援。2019年3月までに、IHHは83病院(1万5000床)で高度医療を提供する規模に成長している。「IHHへの投資を実現し、新たな道を切り開いた先輩たちを『第一世代』とするなら、私たちは『第二世代』です」と話すのは、2002年入社の青井祐輔だ。

IHHとは?

シンガポール、マレーシア、トルコ、インド等12カ国で83病院を運営するアジア最大級の民間病院グループ。アジア一円に高品質な医療サービスを提供し事業拡大中。

IHHとは?

IHHとは?

アジアヘルスケア市場の現状
  • 人口増、高齢化等により毎年10%増の成長を見込む
  • 病院(病床数)が圧倒的に不足し、需給ギャップが大きい
  • 生活習慣病の増加等による医療の高度化、質向上が急務

出典:経済産業省、シンガポール政府、世界銀行、OECD

人口1,000人あたりの病床数

人口1,000人あたりの病床数

多様な企業文化が育てたビジネスパーソンとしての幹

青井はキャリアの大半を事業投資先の企業で過ごした。特に大きな財産と感じているのは、ITインフラの構築を手がける三井情報(以下MKI)で担当した大規模プロジェクトだ。大手通信会社のWi-Fiスポットを全国16万カ所に設置するというプロジェクトは、MKIにも未知の領域だったため、青井が“修羅場”と表現するほど混乱を来してしまう。とりわけ彼を悩ませたのは、機器の調達先である米国メーカーの副社長である。彼は当初、「この分野の経験がないミツイは信用できない」と言い放ったのだ。しかし粘り強い交渉の末、ついに副社長は「ミツイは信頼できるパートナーだ」と青井に告げる。信念を曲げず、信頼関係を築けば道は開ける。青井はそんな確信を手に入れた。

人々を豊かにするヘルスケアエコシステム

2012年、青井はメディカル・ヘルスケア事業部へ異動した。IHHの病院を訪問した彼は、先端の医療機器やホスピタリティあふれる施設に驚いたという。経済発展が著しいアジア地域では、慢性疾患も急増している。IHHを基盤にさまざまな医療事業者をつなぐ“ヘルスケアエコシステム”を構築すれば、人々を豊かにするサービスを提供できるのではないか。この実現を加速させるべく、当社は2019年3月、IHHへ追加出資を完了し、筆頭株主となった。

ヘルスケアを三井物産を代表する事業へ

青井は、草創期の石油部に在籍した先輩社員に「メディカル・ヘルスケア事業部は、昔の石油部のようだ」と言われたことがある。当社基幹事業であるエネルギービジネスも、昔は社員数が少ない部署が担当だった。アジアの医療を変革し未来の豊かさを生み出す、そんなヘルスケアエコシステムを構築したい。ヘルスケア事業を、三井物産を代表する事業に育てたい。青井の挑戦は始まったばかりだ。

ヘルスケアを三井物産を代表する事業へ
  • IR優良企業大賞
  • ディスクロージャー2021年度優良企業賞
  • Member of Dow Jones Sustainability Indices
  • FTSE4Good
  • FTSE Blossom Japan Index
  • MSCI日本株女性活躍指数
  • なでしこ銘柄
  • インターネットIR 優秀賞

本ウェブサイト上にて開示されているデータや将来予測は、それぞれの発表日現在の判断や入手可能な情報に基くもので、種々の要因により変化することがあり、これらの目標や予想の達成、及び将来の業績を保証するものではありません。また、これらの情報が、今後予告なしに変更されることがあります。従いまして、本情報および資料の利用は、他の方法により入手された情報とも照合確認し、利用者の判断によって行なって下さいますようお願いいたします。また、これらの情報は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。これらの情報は無償で提供されるものであり、内容には細心の注意を払っておりますが、情報の誤りやファイルの瑕疵、その他本資料利用の結果生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。