Main

トヨタグループとブラジルでモビリティサービスの事業会社を設立

2020年7月3日


三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:安永竜夫、以下「三井物産」)は、自動車販売金融サービスなどをグローバルに展開するトヨタファイナンシャルサービス株式会社(本社:愛知県名古屋市、社長:福留朗裕、以下「TFS」)と、ブラジルで幅広くモビリティサービス事業を展開するためKINTO Brasil Serviços de Mobilidade Ltda.(以下「KINTOブラジル社」)を2020年7月2日に設立しました。KINTOブラジル社はブラジル サンパウロ州を本拠地とし、出資比率は三井物産が49%、TFSが51%です。

先進国と同様に、近年は中南米でも多様な業種で、消費動向の「保有」から「利用」への流れが加速すると想定されています。KINTOブラジル社はこうしたビジネスモデルの変化にあわせて、中南米最大の自動車市場であるブラジルで成長の著しいB to B向けフルサービスリース事業(サービス名:「KINTO ONE」)を本年末から開始します。また将来的には、B to C向けを含む、さらなるサービス領域の拡充を目指します。

三井物産は1960年代以降、中南米地域で自動車の輸入代理店・販売店・販売金融業を展開し、強固なバリューチェーンを築いてきました。近年では、自動車オペレーティングリース事業およびレンタカー事業へも参画し、より利用者に近い需要サイドへ事業領域を拡大しており、バリューチェーンのさらなる強化に取り組んでいます。また、ブラジルでは、金属資源・インフラ・化学品など、多岐にわたる分野で事業を展開しています。

三井物産は自動車領域を基盤事業の一つと位置付けており、新たな事業機会の創出に取り組んでいます。KINTOブラジル社の提供するサービスを通じて、自動車およびその周辺産業や、利用者を始めとする全てのステークホルダーのより良い豊かな暮らしづくりに貢献していきます。

KINTOブランドロゴKINTOブランドロゴ

三井物産のマテリアリティ(重要課題)

三井物産は、「世界中の未来をつくる」を企業使命に、さまざまなステークホルダーの期待と信頼に応え、大切な地球と人びとの豊かで夢あふれる明日を実現すべく、サステナビリティ経営の重要課題としてマテリアリティを特定しています。本件は、5つのマテリアリティの中でも、特に「豊かな暮らしをつくる」の実現に資する取り組みです。

  • 安定供給の基盤をつくる

    安定供給の基盤をつくる

  • 豊かな暮らしをつくる

    豊かな暮らしをつくる

  • 環境と調和する社会をつくる

    環境と調和する社会をつくる

  • 新たな価値を生む人をつくる

    新たな価値を生む人をつくる

  • インテグリティのある組織をつくる

    インテグリティのある組織をつくる

Information