Main

2017年度 三井物産環境基金研究助成案件の決定について ~未来につながる社会をつくる~

2018年4月6日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:安永竜夫、以下「三井物産」)は、2017年度三井物産環境基金研究助成案件を決定しました。

三井物産は2005年より、環境分野における助成プログラムとして「三井物産環境基金」を立ち上げ、地球環境問題の解決と持続可能な社会構築に貢献するさまざまな案件を支援してきました。
当基金では、「未来につながる社会をつくる」を助成プログラムが目指すべき主要な命題と位置づけ、環境へのアプローチごとに、「地球環境」、「資源循環」、「生態系・共生社会」、「人間と社会のつながり」の4つの課題領域を設定しています。
案件の募集・選定にあたっては、持続可能な社会の実現に大いに貢献する問題解決型の学際・総合研究で、その成果が社会に広く行き渡ることを特に重視しました。

2017年度の研究助成案件の応募は74件あり、有識者等による厳正な審査を行った結果、全6件・総額約5,400万円の案件を決定しました。

これにより2005年からの助成件数の累計は554件、総額約56億7,700万円となりました。

2017年度研究助成

Information

お問い合わせ先

メディアからの問い合わせ先
三井物産 広報部 吉川あやこ
TEL:03-3285-6992
FAX:03-3285-9819
お問い合わせフォーム
一般からの問い合わせ先
三井物産環境基金(事務局)
研究助成 TEL:03-6705-6153