リリース | 国内不動産アセットマネジメント事業の戦略持株子会社を設立 - 三井物産株式会社

Main

国内不動産アセットマネジメント事業の戦略持株子会社を設立

2016年3月14日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:安永 竜夫、以下「三井物産」)は、国内不動産アセットマネジメント事業を推進する戦略子会社として、三井物産アセットマネジメント・ホールディングス株式会社(以下「MAH」)を2016年4月に設立します。

三井物産は、これまで子会社の三井物産ロジスティクス・パートナーズ株式会社(本社:東京都千代田区、以下「MLP」)及び三井物産リアルティ・マネジメント株式会社(本社:東京都千代田区、以下「MBRM」)を通じ、不動産ファンドの運用事業を推進・拡大してきました。今般新たに設立するMAHを三井物産の国内不動産アセットマネジメント事業における中核戦略会社と位置付け、人材・ノウハウ・資金・情報を集約すると共に、従来三井物産が行っていた同事業領域における戦略立案機能の一部をMAH に移管し、よりスピード感を持った事業展開が可能な体制を構築します。また、MLP・MBRMをMAH傘下に移管のうえ、MAHを中核とした事業推進体制を構築するとともに、新たな不動産ファンド運営会社の新規設立やM&Aの企画立案・実行推進を通じ、更なる事業拡大を目指していきます。

三井物産は、MAH及び傘下の不動産ファンド運用会社のスポンサーとして、人材・資金の両面から同事業の成長を継続的に支援していきます。また、MAHの設立に併せて、運用対象となる不動産アセットの多様化を図り、2020年までに2,000億~3,000億円規模の投資を実行していきます。

国内の不動産アセットマネジメント市場は機関投資家や個人投資家の根強いニーズが存在しており、三井物産は今回の一連の施策を通じ、引き続き国内外不動産アセットマネジメント事業に注力し、投資家の皆様のニーズに応えて事業基盤の拡大を図っていきます。

事業スキーム

事業スキーム

三井物産アセットマネジメント・ホールディングス株式会社の概要(予定)

正式名称 三井物産アセットマネジメント・ホールディングス株式会社
所在地 東京都千代田区
設立年 2016年4月
資本関係 三井物産株式会社100%出資
事業内容 アセットマネジメント事業子会社の経営管理及び同事業に関連する投資業務

三井物産ロジスティクス・パートナーズ株式会社の概要

正式名称 三井物産ロジスティクス・パートナーズ株式会社
所在地 東京都千代田区
設立年 2004年7月
資本関係 三井物産アセットマネジメント・ホールディングス株式会社51%出資(予定)
事業内容 不動産アセットマネジメント事業(J-REITの運用)

三井物産リアルティ・マネジメント株式会社の概要

正式名称 三井物産リアルティ・マネジメント株式会社
所在地 東京都千代田区
設立年 2007年6月
資本関係 三井物産アセットマネジメント・ホールディングス株式会社100%出資(予定)
事業内容 不動産アセットマネジメント事業(私募ファンドの運用)

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手している情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information