Main

韓国三井物産株式会社

事業紹介

金属資源

金属資源

韓国の鉄鋼会社や非鉄会社向けの原料供給や売買を行っています。また、韓国企業との投資案件発掘や環境リサイクル事業の展開にも積極的に取り組んでいます。
従来鉄鋼製品本部の業務の一部となっていた金属資源関係業務は、2003年のポスコターミナル設立を契機に、2004年4月に金属資源本部として独立しました。

事業概要

  • 金属資源の物流商内促進
    石炭、チタン、アルミ、合金鉄、銅等の韓国需要家向け輸入或いは国外への輸出商内を通じて韓国企業との関係強化に努めています。
  • 韓国企業との事業投資案件発掘
    単純なトレーディングだけでなく、韓国企業との韓国国内外における事業投資案件を追求しています。
  • ポスコターミナルの管理及び同ターミナルを利用した対日向け物流商内促進
    ポスコターミナルはポスコが51%、三井物産が49%を出資する共同出資事業であり、韓国発電需要家向けに石炭を中心とした物流サービスを提供しています。日本の石炭需要家も一時貯炭場として利用しています。金属資源本部は物流及び事業投資を通じて、韓国企業とのビジネス拡大に向け積極的に活動しています。