Main

三井物産の事業

16営業本部と三極体制

「商品」「地域」、二つの軸により構成された営業組織が、それぞれの強みを活かすと同時に、互いを連携することにより、総合力を発揮しています。

16営業本部と三極体制※中国・台湾・韓国およびCISは本店直轄地域となります。

三井物産は、二つの軸による独自の営業組織を構成し、事業活動を展開しています。

一つは、商品を軸とした16の営業本部です。各営業本部は、それぞれの商品戦略の下、独自に事業を展開しています。また、営業本部間の横のつながりを深め、連携し合うことにより、総合力を発揮し横断的な事業にも取り組んでいます。

もう一つは、地域を軸とした3つの地域本部です。海外市場を「米州」「欧州・中東・アフリカ(EMEA)」「アジア・大洋州」の地域に分け、地域ごとに独立性を持たせた三極体制としています。地域本部は各地域の地場の情報を十分に知るエキスパートであり、地場の有力企業と密接な関係を築くことにより、当社のグローバル戦略の基軸となっています。

当社は、16営業本部の「商品戦略」と海外三極体制における「地域戦略」を融合することで、有機的なグローバルネットワークを実現しています。
また、新たな取り組みとして、2011年4月に中国・台湾・韓国およびCISを本店直轄地域とし、本店営業本部において一体的に取り組む体制に変更しました。これにより、意思決定の迅速化を図り、新興国との取り組みをさらに加速し、その成長を取り込んでいきます。