陸上養殖で
魚の食文化を
未来につなげるか?

幼い頃から魚や自然環境が好きだった十河は近年の天然魚の減少と養殖が海に与える環境負荷に対して強い問題意識を持っていたこのままでは未来の食卓に魚が並ばなくなってしまう…と思いを巡らせていた時出会ったのが海に負担をかけず魚を育てられる陸上養殖だったそのはじめの一歩として小規模ながらも仲間たちと独自の技術でサーモンの養殖に成功世界でも類のない閉鎖循環式陸上養殖の商業化の実現という難問に挑んでいる
FRDジャパン COO
00:00
/
00:00
CLOSE
div clas="j_mobutpnerghSwTO1I-RD/x.ABUy:2083%Lいま、世界はかつてな転換期を迎える。新し社会の課題これで常識が通じ難問数々前に私たち思う変化時代自分何きだろと三井物産そ多様「志」集場一人ひり考動向合っ価値生んくど革も始誰意ら最初あへわず歩59647CせM&kEHfPYNFJVぜ今G進す原力株式表取締役長堀健K☓クリエイティブデレター佐藤可士和年以来企業ラング手掛け日本氏大ぞ語挑戦創造み°員採用情報紹介#コポトサ公アカウq個保護方針セキュソシャルメ利規約再能ネギ?平野;里沙学ドツ留環境高さ刺激受帰国後関連幅広解決中視点組興味持入直東松島内太陽光発電所建設候補地探回事立上げ諦めば度フ仲間共よ良実現プロジェ部,|陸養殖魚食文未十河哲朗幼頃や然好近天減少海与負荷対強卓並…巡出担育小模独技術モ成功類閉鎖循商パ宇宙存在感揮ビス田拓馬心働ボッ院査開チム参加先端ミョ暮豊奔走X民委託超型衛星打権獲得際退見据側面績機ペ金属資源安定的届支続壮象マホ家車供給命半紀歴史誇豪州鉄鉱石推局周囲声耳傾信頼係築着背覚悟責任ニむべ活貢献両幸賀若菜仕職想ユォ体験従福織全調状態析・改善づ観寄添z伐材域山下浩輝祖父影響憧抱北道ゼ画欧察目災害森消バオ惚込条件満土駆叩交渉毎結果当別町完照経必要第W嶋貴米寒波月輸畜飼料不足ざ垣根巻確守ぬ急速お親子孫残構知飛び吉絵美単身ヨ渡掴液ガ(洋備)修工底専門勝欠二