Main

英国の電力・ガス小売り事業会社Tonik Energyへの出資参画

2019年2月12日


三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:安永竜夫、以下「三井物産」)は、英国で電力・ガス小売り事業を展開しているTonik Energy Limited(以下「Tonik社」)の100%親会社・Retig Limited(以下「Retig社」)に出資参画しました。資金拠出額は約1000万英ポンド(約14億円)です。

Tonik社は「Next generation clean energy」をキーワードに、創業2年ながら英国内で約10万世帯を顧客に持つ小売り事業者で、100%再生可能エネルギー由来の電力、ガス、スマートメーターを供給しています。また、同じくRetig社の100%子会社であるThe Phoenix Work社が提供する分散電源、EV充電インフラ設備を組み合わせた付加価値サービスの開発を進めています。三井物産は以前から米国を中心に新たな次世代電力分野に取り組んできており、そこから得たノウハウやネットワークを活用し、Tonik社の事業拡大や付加価値サービスの開発を支援します。

現在、電力・エネルギー業界では3Dと呼ばれる低炭素化(Decarbonization)、分散化(Decentralization)、デジタル化(Digitalization)のメガトレンドが進行しており、太陽光発電や蓄電池等の分散電源やEV充電インフラ、それらを活用したエナジーマネジメントサービスのニーズが増加しています。その中でも、英国は1990年代から電力自由化が段階的に進められてきた同分野の先進国で、小売り事業者が最先端のサービスを提供しています。三井物産は、本事業から得る先進的な知見を活用し、グローバルで電力・ガス分野の消費者に近い事業やサービスを拡大していく方針です。

三井物産は電力事業分野において、大型発電所を経営するIPP事業を基盤としつつ、3Dのメガトレンドを捉えた次世代電力事業への取組を進め、環境に優しい社会の実現に貢献していきます。

Tonik社の概要

本社所在地 英国バーミンガム市
代表者 Christopher Russell
事業内容 電力・ガス小売り及び関連サービスの提供
ウェブサイト

https://www.tonikenergy.com/

The Phoenix Works社の概要

本社所在地 英国ヨークシャー市
代表者 Thomas Newby
事業内容 分散電源、EV充電インフラ設備の提供
ウェブサイト

https://www.thephoenixworks.com/

Tonik社の社員、後段右から2番目Russel MDTonik社の社員、後段右から2番目Russel MD
Tonik社サービスのイメージ図Tonik社サービスのイメージ図