Main

オンライン診療・オンライン服薬指導・医薬品配送一貫モデルの実証事業を開始

2018年10月25日


三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:安永竜夫、以下「三井物産」)は、国家戦略特別区域で認定を受けた「オンライン診療・オンライン服薬指導・医薬品配送一貫モデル(以下「一貫モデル」)」の実証事業を兵庫県養父市と福岡県福岡市で開始します。養父市では市および市内の診療所・薬局と連携し、福岡市では薬局事業を展開する三井物産の関連会社である総合メディカル株式会社と共同で実施します。

今回の実証事業では、三井物産は医薬系ベンチャーの株式会社ミナカラと協力して、オンラインでの診療から医薬品の受け取りまでを一貫して管理・実施できるシステムを提供し、患者・医師・薬局の皆さまと共に利便性と治療の継続性を検証します。患者は、スマートフォンなどのテレビ電話機能を使うことにより、自宅に居ながらにして診療と服薬指導を受けられると共に、処方薬も受け取ることができます。

中山間地域や離島では、高齢化の進展に伴い診療所・薬局へのアクセスが困難な患者が増えつつあります。また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の患者は自覚症状に乏しく、診療中断に陥りがちであり、時として重症化に至り、結果として医療費増大を招くことも少なくありません。

三井物産は、今回の実証事業を通じて、通院困難者への貢献と医療費抑制に資するモデルの構築を、地域の医療従事者の方々と連携・協力して取り組んで参ります。

実証事業の概要図実証事業の概要図