トピックス | メキシコで世界最大規模の下水処理サービス事業の商業運転を開始 - 三井物産株式会社

Main

メキシコで世界最大規模の下水処理サービス事業の商業運転を開始

2018年5月31日


三井物産株式会社の連結子会社であるメキシコのアトラテック社が、メキシコ大手インフラ事業会社のイデアル社および、スペインの水処理会社であるアクシオナアグア社ほかと共同で進めているアトトニルコ下水処理サービス事業の商業運転を開始しました。

アトトニルコ下水処理場は、単一施設としては世界最大規模の日量360万トンの処理能力を有し、人口2000万人を抱えるメキシコ首都圏の家庭排水の約60%を処理します。

三井物産は、自治体向け下水処理事業やメキシコ石油公社向け廃水処理事業など、これまでにメキシコ国内12か所で水事業に参画しています。引き続きアトラテック社と共に、メキシコの地域社会や環境改善に大きく貢献していきます。

アトトニルコ下水処理場全景アトトニルコ下水処理場全景