トピックス | 業界初*1、ビルの快適な空調空間を月額固定料金で提供する「エアアズアサービス」を設立 - 三井物産株式会社

Main

業界初*1、ビルの快適な空調空間を月額固定料金で提供する「エアアズアサービス」を設立

2018年1月23日


三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:安永竜夫、以下:三井物産)は、ダイキン工業株式会社(本社:大阪市北区、社長:十河政則、以下:ダイキン工業)の100%子会社であるダイキンエアテクノ株式会社(本社:東京都墨田区、社長:桒山隆、以下:ダイキンエアテクノ)と共同で、「エアアズアサービス株式会社(以下:AaaS)」を設立し、2018年1月から本格的にサービスを開始しました。AaaSは、ビル・商業施設の空調設備を施設のオーナーに代わって設置・保有し、建物の規模や空調の使用実態に応じた運用管理により、利用者に快適な空調空間を月額固定料金で提供するサブスクリプション型*2のサービスを展開します。

ビルや商業施設などの空調設備は、施設のオーナーが一括購入・保有したうえで、利用段階の定期点検・修理・メンテナンスや機器更新に係る手間や費用も負担することが一般的です。しかし、空調設備の維持管理や更新には多くの資金や労力を要するため、設備のメンテナンスが不十分であったり、耐用年数を大幅に超えて使用されていたりすることも少なくありません。それらが要因となる冷暖房の効きの悪化やエネルギーコストの増加はテナントの負担となります。

AaaSは、施設のオーナーに代わって空調設備を保有するとともに、空調機の運転状況を遠隔から監視・制御できるIoTシステムを活用した保守サービスや、ダイキンエアテクノが持つ空調機器の運転データを活用するノウハウにより、施設ごとに最適な運用管理を提供します。これにより、空調設備の導入・更新や運用段階でオーナーに掛かる費用や手間を軽減しながら、テナントに省エネで快適な空調空間を提供することが可能です。さらに、設備管理者に義務付けられたフロン排出抑制法に基づく法定点検や既存設備の使用状況に応じた空調設備のリノベーション提案など、ビルや商業施設の長期的な運用を総合的にサポートします。

*1 AaaS調べ。2018年1月23日時点。
*2 サブスクリプション型:利用者がものを買い取るのではなく、ものの使用権を利用した期間に応じて料金を支払う形。

正式名称 エアアズアサービス株式会社
所在地 東京都千代田区丸の内一丁目1番3号
設立年月日 2016(平成28)年7月21日
代表者 代表取締役社長 上田稔
出資構成 三井物産 90%、ダイキンエアテクノ 10%
事業内容 空調設備・給排水設備・電気設備などとそれらを制御するシステム技術およびソフトウエアを利用し、当該設備における快適な使用環境の提供や光熱水費の削減を実現する空調サービス事業
URL

https://airasaservice.com/

エアアズアサービスのキャッチコピーエアアズアサービスのキャッチコピー
サービス体制図サービス体制図

Information