トピックス | 日本でのAI開発を推進する「AIビジネス推進コンソーシアム」に参画 - 三井物産株式会社

Main

日本でのAI開発を推進する「AIビジネス推進コンソーシアム」に参画

2017年12月13日


三井物産株式会社は2017年12月13日、人工知能(AI)技術を開発・提供する株式会社グリッドが主宰する「AIビジネス推進コンソーシアム」に参画しました。

三井物産は2017年3月にグリッドに出資参画後、同社が開発したAIフレームワーク「ReNom」と2016年に出資参画した米国OSIsoft社(※)の「PI System」を組み合わせた産業向けIoTソリューション事業構築に取り組んでいます。

AIを実際にオペレーションで活用し、各企業や組織がDigital Transformationを推進するために、単独でソリューション開発を行うのは困難と思われます。三井物産は、会員各社のAIについての知見や事例を共有し、日本でのAIアプリケーションや各種サービス開発を充実させようという本コンソーシアムの設立趣旨に共感し、参画しました。

OSIsoft Japan株式会社や三井情報株式会社も参画する本コンソーシアムの活動を通じて、三井物産グループが保有する事業資産やパートナー・重要顧客のDigital Transformationを引き続き推進していきます。

AIビジネス推進コンソーシアム概要

正式名称 AIビジネス推進コンソーシアム
設立日 2017年12月13日
目的 AI開発、実ビジネスへのAI適用、AIサービスの開発・浸透の促進
幹事会社 株式会社グリッド
参加企業
(計11社/2017年12月13日時点)
三井物産株式会社、三井情報株式会社、OSIsoft Japan株式会社、伊藤忠商事株式会社、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、株式会社グリッド、株式会社zero to one、TIS株式会社、富士通株式会社、丸紅株式会社、丸紅情報システムズ株式会社

※OSIsoft社:
産業向けIoT(Internet of Things)/M2M(Machine to Machine)データ管理ソフトウエアの開発・販売でのグローバルリーディング企業。

AIビジネス推進コンソーシアム設立会見AIビジネス推進コンソーシアム設立会見
スピーチをする齋藤三井物産ICT事業本部長スピーチをする齋藤三井物産ICT事業本部長