トピックス | モザンビークのナカラ鉄道・港湾インフラ事業向けプロジェクトファイナンスの融資契約を締結 - 三井物産株式会社

Main

モザンビークのナカラ鉄道・港湾インフラ事業向けプロジェクトファイナンスの融資契約を締結

2017年11月28日


三井物産株式会社は2017年11月27日付で、ブラジルの鉱山会社Vale S.A.(Vale社)と50%ずつ出資する持ち株会社を通じて、モザンビーク、マラウイ両国にまたがるナカラ鉄道・港湾インフラ事業向けプロジェクトファイナンスの融資契約を締結しました。この持ち株会社は本プロジェクトファイナンスにより27.3億米ドルを調達します。

本プロジェクトファイナンスに参画する株式会社国際協力銀行、株式会社日本貿易保険、アフリカ開発銀行、南アフリカ共和国貿易保険機関をはじめとする国際的な金融機関と連携し、モザンビーク・マラウイ両国政府との対話を通じた良好な関係を構築することで、本事業運営の安定化を実現します。

日本政府は第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)で、アフリカの経済多角化・産業化を通じた経済構造改革の促進を優先分野として掲げ、アフリカ開発銀行などの国際開発金融機関(MDBs)と連携した融資による質の高いインフラへの投資を推進すると表明しています。当社は、当該地域で基盤となるインフラ事業を基点に関連事業を展開し、モザンビーク、マラウイおよびアフリカ地域の発展・成長に貢献していきます。

関連情報

ナカラ鉄道ナカラ鉄道
11月30日にモザンビークのマプートで開催された融資契約調印の記念式典で、左から、大間知三井物産金属資源本部長、ペレイラVale社副社長、モザンビークのマレイアーネ経済財務大臣、メスキータ運輸通信大臣、クレメンス鉱物資源エネルギー大臣11月30日にモザンビークのマプートで開催された融資契約調印の記念式典で、左から、大間知三井物産金属資源本部長、ペレイラVale社副社長、モザンビークのマレイアーネ経済財務大臣、メスキータ運輸通信大臣、クレメンス鉱物資源エネルギー大臣