Main

カンボジアの大手携帯通信事業者Smart Axiata社へ出資

2017年6月20日


三井物産株式会社は2017年6月1日、特別目的会社(出資比率 50%)を通じてカンボジアの大手携帯通信事業者である Smart Axiata社の純粋持株会社の株式10%を6,600万米ドル(約74億円)で取得しました。

Smart Axiata社は同国の携帯通信事業者の中でも、特に高いブランド認知度とサービス品質を有しており、携帯通信以外にも金融(保険、決済、送金、マイクロファイナンス)、エンターテイメントなどのデジタルサービスを展開し、多くのお客さまの支持を得ています。

カンボジアは国内総生産(GDP)の成長率が7%台で推移するなど、近年急速に経済成長しており、これに伴う中間所得層の拡大によって消費市場としての魅力が一層高まっています。今後、三井物産のネットワーク、知見を活用し、Smart Axiata社が進めるデジタルサービスの強化・拡大を加速することで、旺盛な消費需要を取り込み、同社のさらなる成長に寄与していきます。

また、三井物産は本事業を通じ、カンボジアの経済や産業の発展および国民生活の向上に貢献していくことを目指します。

出資実行日の面談で、AxiataグループのジャマールCEO(中央)を囲んで、三井物産の齋藤ICT事業本部長(右)とアジア・大洋州三井物産の外処クアラルンプール支店長(左)出資実行日の面談で、AxiataグループのジャマールCEO(中央)を囲んで、三井物産の齋藤ICT事業本部長(右)とアジア・大洋州三井物産の外処クアラルンプール支店長(左)