Main

北海道苫小牧市での木質バイオマス発電所の営業運転を開始

2017年5月12日


三井物産株式会社は、株式会社イワクラ、住友林業株式会社、北海道ガス株式会社との共同出資により設立した苫小牧バイオマス発電株式会社を事業者として、2015年6月から北海道苫小牧市に木質バイオマス発電所を建設していましたが、2017年4月28日より営業運転を開始しました。

本事業は苫小牧市晴海町に発電規模約5.9MWの発電設備を建設、再生可能エネルギー固定価格買取制度(※1)を利用し発電事業を行うものです。燃料となる木質チップは北海道内より調達、電力は北海道内に供給される地産池消型のエネルギー事業となります。

三井物産は同事業の燃料の一部として、北海道内に約35,000ヘクタール所有する社有林「三井物産の森」から未利用木材(※2)を供給。また、発電所の運転保守管理を100%子会社である三井物産フォーサイト株式会社が請け負っており、まさに三井物産の総合力を活かした事業です。

三井物産は本事業を通じ、新たな国内事業の創出、また新規エネルギー事業を発掘し、エネルギーの安定供給に貢献していきます。

※1 再生可能エネルギー固定買い取り制度: 再生可能エネルギー(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)を用いて発電された電気を一定価格で電気事業者が買い取ることを義務付けた制度のこと。
※2 林地の未利用木材: 間伐材や林地残材などの未利用資源のこと。

北海道苫小牧バイオマス発電所の全景北海道苫小牧バイオマス発電所の全景