Main

新たな宇宙ビジネスアイデアコンテスト「S-Booster 2017」を開催

2017年5月26日


三井物産株式会社は、内閣府宇宙開発戦略推進事務局、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)、およびスカパーJSATグループ、ANAホールディングス株式会社、株式会社大林組と共に、新たな宇宙ビジネスアイデアコンテスト「S-Booster 2017」(エスブースター2017)を、2017年5月9日から開始しました。

三井物産は、2015年に超小型衛星の開発および衛星から取得する画像を活用したサービス提供を行う株式会社アクセルスペースへ出資・参画するなど、民間企業として宇宙ビジネスの構築に取り組んでいます。

「S-Booster 2017」では、起業家、研究者、投資家を繋ぐネットワークを形成し、宇宙という素材を活用したあらゆるビジネスアイデアを発掘します。また、アイデアの表彰にとどまらず、内閣府、JAXAおよび民間企業と共に、アイデアの事業化を支援していきます。

専用ウェブサイトで「S-Booster 2017」の詳細を公表しています。ビジネスアイデアの応募期間は、2017年6月16日から7月18日までです。

提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)

Information