Main

物流子会社2社が統合して三井物産グローバルロジスティクス(MGL)が誕生

2017年4月12日


2017年4月1日、三井物産株式会社100%出資の物流子会社であるトライネット・ロジスティクス株式会社(TNL)と株式会社トライネット(TNJ)が事業統合し、統合会社の社名を「三井物産グローバルロジスティクス株式会社」(MGL)として営業を開始しました。

MGLは、TNLが国内で運営する約73万平方メートルの倉庫施設と、TNJの海外パートナー約110社に加え、当社と資本関係にあるトライネット海外拠点をベースに、海外での倉庫運用システムを開発のうえ、国内での運営知見を活かした海外各拠点での倉庫運営を推進します。同時に、物流センター内の省人力化やロボット化など物流ITイノベーションを積極的に取り込み、三井物産の物流中核企業として、国内外の顧客ニーズに応じたグローバル物流サービスを提供していきます。

また、機能面では、これまでTNLが強みとしてきたアパレル、通販などの消費財物流センターの運営ノウハウやTNJが提供してきた国際輸送サービスに加え、保険、決済代行、リース、物流施設開発など、グループ内の総合力を活かした高付加価値機能を有するグローバル・サプライチェーンの実現に向けて取り組んでいきます。

新会社のエントランス前で。左から、MGLの川久保社長、三井物産の藤井専務執行役員、藤谷常務執行役員コーポレートディベロップメント本部長、MGLの椎原副社長新会社のエントランス前で。左から、MGLの川久保社長、三井物産の藤井専務執行役員、藤谷常務執行役員コーポレートディベロップメント本部長、MGLの椎原副社長
三井物産グローバルロジスティクスの刷新したロゴ三井物産グローバルロジスティクスの刷新したロゴ

Information