Main

中国・北京で大規模物流施設「北京馬駒橋プロジェクト」の第1期着工

2016年10月28日


三井物産株式会社が三菱地所株式会社および香港の北京建設(控股)有限公司と共同で出資参画している中国での物流施設開発事業で、旗艦物件となる「北京馬駒橋プロジェクト」第1期が2016年9月に着工しました。

北京馬駒橋プロジェクトは、北京市南東部の六環路と北京・天津高速道路が交わる交通の要衝に位置しています。このため、北京市中心部へのアクセスも良く、同市内では物流施設に適した数少ない好立地に位置し、第1期から第3期で構成される北京市内では希少な大規模物流施設(全体敷地面積約395,000平方メートル)です。今回着工したのは、第1期のフェーズ1(敷地面積約107,000平方メートル)で、フェーズ2(敷地面積約126,000平方メートル)についても年末の着工に向けて準備を進めています。また今後順次、第2期と第3期の土地使用権を取得し開発を進めていく予定です。

中国では、消費拡大に伴う物流施設の増強が喫緊の課題となっており、Eコマースの発展による物流機能の高度化ニーズ(小口多頻度、即日配送、定時配達など)も顕在化しています。三井物産は、三菱地所および北京建設と共にこれまで培ってきた物流施設開発事業のノウハウや事業実績を活かし、北京だけでなく中国主要都市において、こうしたニーズに対応可能な高機能・高品質な物流施設開発を通じて、同国の経済発展に引き続き貢献していきます。

周辺地図

areamap


「馬駒橋プロジェクト」完成予想図「馬駒橋プロジェクト」完成予想図