Main

インドネシア・タンジュンプリオク港で新コンテナターミナルの操業を開始

2016年8月19日


三井物産株式会社が、インドネシア港湾公社、シンガポールのピーエスエー社および日本郵船株式会社と共同で出資参画したジャカルタのタンジュンプリオク港新コンテナターミナルが2016年8月18日に操業を開始しました。今後、事業会社のニュープリオク・コンテナターミナル・ワン社がターミナルの運営を行います。

新コンテナターミナルは、年間取扱容量約150万TEU*、岸壁全長850メートル、喫水16メートルと、最新鋭の大型コンテナ船にも対応可能な大型ターミナルであり、電化ヤード・クレーンを導入した環境配慮型のグリーン・ターミナルです。

インドネシアの玄関港であるタンジュンプリオク港は、近年の経済成長に伴いコンテナ取扱容量の拡大が喫緊の課題となっています。三井物産は安全で高品質な荷役サービスの提供を通じて、物流のボトルネックを解消し、同国の経済発展に引き続き貢献していきます。

*TEU: コンテナ貨物量を20フィートコンテナに換算した単位

操業開始したタンジュンプリオク港新コンテナターミナル操業開始したタンジュンプリオク港新コンテナターミナル
荷役中のコンテナターミナル荷役中のコンテナターミナル