Main

国内最大規模の「たはらソーラー・ウインド発電所」が営業運転を開始

2014年10月8日


三井物産株式会社は、三井化学株式会社、株式会社シーテック、東亞合成株式会社、株式会社東芝、東レ株式会社および三井造船株式会社と共同で、トランスバリュー信託株式会社を発電事業者として「たはらソーラー・ウインド共同事業」を推進しています。本事業は、愛知県田原市に、国内最大規模の太陽光(メガソーラー)および風力のハイブリッド発電所を建設するもので、2012年11月に建設工事に着手し、2014年10月1日に営業運転に至りました。

同発電所は、太陽光発電と風力発電を併せ持つため、天候の影響を大きく受けることがなく、安定した電力を供給することができます。今後も、地元当局や地域社会と協力し、新エネルギー推進に貢献していきます。

1. 発電所概要
名称 たはらソーラー・ウインド発電所
所在地 愛知県田原市緑が浜
発電能力 太陽光:50MW(パワーコンディショナー35MW)
風力:6MW(2MWが3基)
太陽電池モジュール 単結晶シリコン:26MW、多結晶シリコン:20MW、化合物系:4MW
年間発電量 約67,500 MWh/年(太陽光及び風力発電合計)
(田原市総世帯約9割に当たる約19,000世帯の使用電力量に相当)
効果 約32,000 トン/年のCO2 削減
(約230万本の杉の木のCO2 吸収量に相当)
2. 本発電所の特徴

(1)国内最大規模の太陽光発電と風力発電のハイブリッド型発電所
太陽光発電(メガソーラー)と風力発電を併せ持つため、天候の影響を大きく受けることがなく、安定した電力を供給することができます。このような太陽光及び風力発電のハイブリッド型発電所としては、国内最大規模です。

(2)参加各社の知見を活かして再生可能エネルギーの推進に寄与
4種類の太陽電池モジュール(単結晶シリコン1種、多結晶シリコン2種(メーカー2社)、化合物系1種)を使用し、遠隔監視システムによる各発電状況データの収集・分析を行うなど、実証実験の場として活用します。また、参加各社は本事業を運営する過程で生じるさまざまなノウハウや課題情報を共有し、各社の知見を活かして課題解決に取り組み、再生可能エネルギー推進に寄与していきます。
また、参加各社は、中部電力株式会社と技術的な協力関係を維持し、国内最大級のメガソーラーならではの新たな技術的知見の習得を進めていきます。

(3)発電所近隣地域の環境学習の場として提供
愛知県田原市内の教育機関(小・中・高等学校など)の環境学習の場として活用される予定です。

位置図

位置図

たはらソーラー・ウインド発電所たはらソーラー・ウインド発電所