Main

ヨルダンで新規火力発電所の商業運転を開始

2014年7月18日


三井物産株式会社は2014年7月10日に、米国の発電事業大手AES Corporation(以下:AES社)と共にヨルダンで新規に設立した火力発電所の商業運転を開始しました。本件は同国における4番目の独立系発電事業(IPP)として、首都アンマンの東約25kmに位置するアルマナカ地区に出力240MWのディーゼルエンジン火力発電所を建設・運営するものです。

同発電所からの電力は、伸長するヨルダンの電力需要を賄うために2012年12月17日付で締結された長期売電契約に基づき、商業運転開始から25年にわたりヨルダン国営電力会社に供給されます。本案件の総事業費は約3億5,000万米ドル(約290億円)、発電事業会社への間接的な出資比率はそれぞれ当社40%、AES社60%となります。

三井物産は、2006年2月にAES社と共にヨルダン初のIPP案件を受注し、2008年7月に商業運転を開始しており、本件は同国における2件目のIPP案件となります。

三井物産は、中東諸国をはじめとする世界各国で発電事業・造水事業を展開しており、幅広い実績・経験を有しています。今後も大型発電・海水淡水化事業が見込まれる中東地域を含め、引き続き積極的に優良案件の獲得を目指していきます。

発電事業会社概要
名称 AES Levant Holdings B.V./Jordan PSC
所在地 ヨルダン
代表者 Mohammed Meftaur Rahman
事業内容 ヨルダンにおけるディーゼルエンジン火力発電事業
株主構成 三井物産 40%(持株会社経由)
AES 60%(持株会社経由)
設立年月 2012年4月
AES概要
名称 AES Corporation
所在地 米国
代表者 Andres Gluski
事業内容 北中南米を中心とする全世界での発電・配電事業
設立年月 1981年1月
プロジェクトスキーム

商業運転を開始した火力発電所商業運転を開始した火力発電所