Main

豪州北部準州ティウィ島ウッドチップサプライヤーと覚書を締結

2014年3月11日


三井物産株式会社は2014年2月10日、豪州北部準州のティウィ島で、今後生産されるウッドチップ販売に関する覚書(MOU)をティウィ・プランテーション・コーポレーション社(TPC社)と締結しました。当日、調印式および同島メルヴィル港湾の視察が行われ、高橋執行役員豪州三井物産社長、三井物産豪州子会社の三井物産ウッドチップ・オセアニア社(MWO社)の多田羅社長が出席しました。

本MOUはティウィ島の約3万haのアカシア植林から今後生産されるウッドチップをMWO社が独占的に販売する権利を付与するものであり、MWO社のサプライソース・供給拠点の多角化を図るものです。本プロジェクトにより生産されるウッドチップはパルプ製造原料として適していることに加え、ティウィ島の地理的利点を活かしてアジア新興国市場への販売強化が期待されています。

MOU調印式には、豪州北部準州のアダム・ジャイルズ首席大臣が出席し、表明を含め、本プロジェクトに対するメッセージをいただいたほか、ティウィ島の関係者のよる伝統舞踊の公演も行われました。三井物産はダルマを贈呈し、ティウィ島の長老とダルマへの目入れ、本プロジェクトの成功を祈願しました。

調印式で、左から、アラフラ議会委員のフランシス・クルップウ氏、MWO社の多田羅社長、TPC社取締役のギブソン・イロオタミニ氏、豪州北部準州のアダム・ジャイルズ首席大臣、高橋豪州三井物産社長、TPC社会長でティウィ議会の設立議長のシリル・カリッパ氏調印式で、左から、アラフラ議会委員のフランシス・クルップウ氏、MWO社の多田羅社長、TPC社取締役のギブソン・イロオタミニ氏、豪州北部準州のアダム・ジャイルズ首席大臣、高橋豪州三井物産社長、TPC社会長でティウィ議会の設立議長のシリル・カリッパ氏
調印式での署名調印式での署名