Main

中国重慶市にコンビニエンスストア「セブン-イレブン」を開業

2014年2月14日


三井物産株式会社、中国飼料食品大手の新希望集団有限公司(以下:新希望集団)、およびセブン-イレブン(中国)投資有限公司の3社が株主である新玖商業発展有限公司は、中国重慶市にコンビニエンスストア「セブン-イレブン」を開業、2014年1月15日にオープニングセレモニーを開催しました。

重慶オフィス街「旗艦店」のオープンに合わせ開催されたセレモニーには、新希望集団の王航副董事長、セブン-イレブン(中国)投資有限公司の井上富実夫董事長、三井物産の藤吉泰晴執行役員食品事業本部長ほか重慶市政府関係者や取引先を含め約150名が参加し盛大な式典となりました。オープン後、オフィス街立地の店内には早朝より会社員や若者が詰め掛け、弁当、おにぎり、おでんなどを買い求める姿が見られました。

都市化が進む重慶市の消費者のニーズにしっかりと対応し、常に新しく上質な商品・サービスを提供し続けることのできる、重慶市民にとって便利で安心して買い物のできる店づくりを徹底していきます。

重慶市内のオフィス街に1月15日にオープンした「セブン-イレブン店舗」重慶市内のオフィス街に1月15日にオープンした「セブン-イレブン店舗」
オープニングセレモニーでのテープカット。右から、新玖商業発展有限公司(重慶7-11本部)の柴田幸介副総経理、藤吉泰晴執行役員食品事業本部長、一人おいて、新希望集団の王航副董事長、セブン-イレブン(中国)投資有限公司の井上富実夫董事長。左端が新玖商業発展有限公司の王珅総経理オープニングセレモニーでのテープカット。右から、新玖商業発展有限公司(重慶7-11本部)の柴田幸介副総経理、藤吉泰晴執行役員食品事業本部長、一人おいて、新希望集団の王航副董事長、セブン-イレブン(中国)投資有限公司の井上富実夫董事長。左端が新玖商業発展有限公司の王珅総経理