Main

Our Stories

[新たな価値を生む人をつくる]

「つなぐ」から「つくる」を具現化するプラットフォーム“Moon”

三井物産は、長期的な視点から自らの将来像を示す“長期業態ビジョン”を作成しています。その中で三井物産のこれからの在り方として掲げているのが、「つなぐ」から「つくる」への進化です。これまでさまざまな産業や業界で、企業や商品等を「つなぐ」ことで価値を生むことが多かった総合商社の機能・役割を超え、自ら主体的にビジネスを「つくる」存在へ進化していこうとしています。その「つなぐ」から「つくる」を具現化するプラットフォームであり、当社全体のR&D機能を担う存在がMoon Creative Lab Inc.(以下、Moon)です。従来、新規事業創出施策として取り組んできたKarugamo Worksと社内起業制度を集約し、2018年8月に設立した独立企業で、米国・シリコンバレーと東京に拠点を置き活動しています。

Moonでは、さまざまな業界・商品に精通する当社グループ44,000名の社員の中から、社会課題を解決し、将来的に市場で大きな存在感を発揮していく可能性を秘めたビジネスアイデアを募集します。そして、アイデアオーナーと共に、まだ世の中にない、全く新しい商品・サービスをつくりだしていく。そうした経験を数多く積み上げることで、将来的にMoonを新規事業開発のプロフェッショナル集団に育てたいと考えています。

AIを活用した新事業で、世界から悲しみを減らす

AIを活用した新事業で、世界から悲しみを減らす

Moonは、これまでの総合商社の枠を超え、全く新しいビジネスを生むためのイノベーションラボです。私はMoonのサポートを受け、会社に所属したまま起業する「アントレプレナー・イン・レジデンス(社内起業家)」として、事業化に取り組んでいます。メンバーはプロジェクトリーダーと私の二人だけですから、やれることも、責任も必然的に大きくなります。日々、ゼロから事業をつくっていることを実感しています。

今取り組んでいるのは、AIを活用して疾病診断するサービスのプラットフォーム開発です。この事業を通じて、より早く、より痛みのない、より正確な診断を提供することにより、世界中のたくさんの命を救いたいと考えています。

AIのテクノロジー面は最先端のノウハウを持つ三井物産の投資先企業が担当、三井物産が世界展開に向けた市場開拓とビジネス設計を、そしてMoonがユーザー体験の設計と向上を受け持っています。そして、ゼロベースでのビジネス開発を支援してくれているのが、世界屈指のデザインコンサルティング企業IDEOです。彼らのアプローチには、学ぶべきことがたくさんあります。医師側・患者側さまざまな立場の方に広くインタビューしたリサーチ。そのリアルな声を活かした、サービスアイデアのブレーンストーミング。そして、いいアイデアはどんどんカタチにしてみて、ユーザーテストで改善していくプロトタイピング等です。

リサーチを進める中で、ある患者の家族から、大切な存在を亡くした後に、その悲しみを乗り越え再起するまでどれほど長く時間が掛かったかをうかがい、自然に涙があふれてきました。ユーザー体験を設計する上で欠かせないものは“信頼”であり、“Empathetic”つまり共感性のあるサービスこそが必要なのだ、と肌で感じた瞬間でした。

医療サービスは、人の想いとダイレクトにつながるサービスです。この事業を通じ、共感性のあるサービスを提供することで、世界から悲しみを少しでも減らしたいと感じています。

入社2年目でも、ゼロからビジネスをつくれる

入社2年目でも、ゼロからビジネスをつくれる

私は生物学やがん研究をしていた経験がきっかけで入社2年目の秋にMoonに出向しました。Moonでは、若さや経験の浅さがマイナスになることは一切ありません。その代わりに、それを言い訳にすることもできません。大きなチームで働いていた頃との一番の違いは、自分の意志や判断が今まで以上に問われることです。常に「何に着目し、何を感じ、何を解決したいか、どうしていきたいか」を提案し、実行しなければなりません。そこに強い意志がなければ、プロジェクトは前に進みませんし、世界に新しい価値を生むビジネスなどできないのだと、常に問われている気がします。それが、ゼロから事業をつくるということなのだと思います。

夢を叶え続けることで、他の社員も奮起させたい

私には成し遂げたい夢が3つあります。一つは進行中のAIによる疾病診断のビジネスを成功させること。そのことが、三井物産の他の若手に刺激を与え、「彼女にできるなら自分にもできるはず」と奮起し後に続いてもらうこと。次に、一人ひとりがクリエイティビティを発揮できるような文化・環境を、三井物産にもっともっと作っていくこと。最後に、私自身がゼロから考えた教育やヘルスケアの新規事業をMoonで立ち上げることです。

Moonにも、三井物産にも、多様なバックグラウンドを持つ人たちがたくさんいて、さまざまな知見やサポートが得られるネットワークがあります。ここで成長を続けられれば、決して叶えられない夢ではないと思っています。