Main

環境

三井物産環境基金

助成案件選定について

2010年度 活動助成案件募集

2010年3月26日

案件募集について

2010年度の募集は終了致しました。
2011年度の募集は4月初旬からを予定していましたが、東北地方太平洋沖地震の影響を考慮し延期致します。新たな募集時期や方法につきましては、決まり次第御案内致します。

三井物産環境基金「2010年度 活動助成」の案件募集を開始します。
2010年度の募集では、以下の点が変更になりました。
1. 年1回募集への変更
2009年度まで「活動助成」は年2回、春・秋に募集を行っていましたが、助成案件のフォローアップの充実など助成の成果を高めることを目指して、2010年度から年1回、春のみの募集に変更します。
2. 助成対象案件の条件追加
助成対象案件として以下の条件を追加しました。
(1)活動の成果を高めて広く波及させる観点から、複数団体が連携・協働する案件を重視。
(2)海外で活動する案件については、現地のニーズが高く、現地に有力パートナーがいることが条件。

募集要項概要

募集要項
ダウンロード
応募締切 2010年5月5日(水) (消印有効)
※2010年度から活動助成の募集は年1回に変更
助成対象団体 日本国内に拠点をもつNPO法人、一般社団・財団法人、公益社団・財団法人、特例民法法人、大学で活動実績が3年以上の団体
助成対象案件
  • 日本国内および海外における下記の地球環境問題の解決に関わる「実践的な活動」。
    1. 地球気候変動問題
    2. 水産資源の保護・食料確保
    3. 表土の保全・森林の保護
    4. エネルギー問題
    5. 水資源の保全
    6. 生物多様性および生態系の保全
    7. 持続可能な社会構築のための調査とネットワーキング(さまざまな主体との協働)
  • 活動の成果を高めて波及させるため、複数団体が連携・協働する案件を重視。
  • 営利目的の環境ビジネスは対象外。
  • NPO法人の場合は自己資金の比率が20%以上の案件。
  • 大学の場合は本業である研究・教育以外でNPO等との協働による社会貢献活動が対象。
  • 海外案件は現地に高いニーズがあり、現地に有力パートナーを有するもの。
助成期間 2010年10月より3年以内。但し、複数年にまたがる案件は1年毎に継続審査を行います。
助成金額 全助成案件の総額は最大3億円。1件当たりの上限は設定しませんが、案件の効率的な実施に必要な金額とします。助成総額には別途募集する当社役職員、退職者などからの案件を含みます。
選定方法 社外有識者を含む1次審査、案件選定会議による審査、更に当社役職員により構成される案件審議会による総合的判断に基づき2010年9月上旬頃決定。
応募方法 当社ホームページ内の「募集要項」を参照の上、所定の「申請書」に必要事項を記入し、下記事務局まで郵送してください。