Main

環境

三井物産環境基金

助成案件選定について

三井物産環境基金 2012年度下半期 助成案件の決定

2013年4月2日

案件決定について

三井物産株式会社(本社: 東京都千代田区、社長: 飯島彰己、以下三井物産)は、三井物産環境基金 2012年度下半期 活動助成(復興助成)、研究助成(復興助成・一般助成)を決定しました。
2012年度下半期の助成の募集・選定は、当初予定していた研究助成(復興助成・一般助成)に加え、 活動助成(復興助成第2回)の案件募集も行いました。今回の活動助成(復興助成第2回)では福島県における活動について重点的に募集・選定を行い、64件の応募がありました。また、研究助成は問題解決型の学際・総合研究を重視し、復興助成に30件、従来の環境分野の研究を対象にした一般助成に129件の応募がありました。有識者等による厳正な審査を行った結果、活動助成(復興助成第2回)で7件・約5800万円、研究助成(復興助成)で2件・約1300万円、研究助成(一般助成)で12件・約9900万円の案件を決定しました。
これにより本基金の復興助成の件数は101件・約11億3千万円、一般助成を含めた助成件数の累計は428件、総額約46億5千万円となりました。
なお、2013年度の募集方針と期間は、2013年4月末頃に発表予定です。