Main

環境

三井物産の森

清滝山林

清滝山林(きよたきさんりん)は、山林を通じて、京都の伝統行事「大文字五山送り火」「鞍馬の火祭」に協力しています。

  • 霧にかすむ清滝山林。

    霧にかすむ清滝山林。

  • 清滝山林から湧き出た清水は清滝川を経て、保津峡をなす保津川となります。

    清滝山林から湧き出た清水は清滝川を経て、保津峡をなす保津川となります。

  • 清滝山林から湧き出た清水は清滝川を経て、保津峡をなす保津川となります。

    清滝山林から湧き出た清水は清滝川を経て、保津峡をなす保津川となります。

  • 秋の清滝山林。紅葉の名所です。

    秋の清滝山林。紅葉の名所です。

  • 冬の清滝山林です。

    冬の清滝山林です。

  • 愛宕山の近くにある清滝山林は日本海側気候の影響も受けます。

    愛宕山の近くにある清滝山林は日本海側気候の影響も受けます。

  • [text]
  • [text]
  • [text]
  • [text]
  • [text]
  • [text]
  • [text]
  • [text]
  • [text]

この森の情報

[所在地]
京都府京都市
[面積]
189ha
[山林の特徴]
磨丸太で有名な北山林業地の一角を占める山林です。付近には愛宕神社や神護寺があり、山林内には旧参道も存在します。
京都の伝統行事「大文字五山送り火」「鞍馬の火祭」に必要な松明などに使うアカマツ・コバノミツバツツジの育成が行われており、「文化的保護林」として区分しています。
生物多様性の定量評価も行っており、2010年にはJHEP認証で上位から二番目の評価を受けています。
[希少な生物]
ツキノワグマ
[主要な生物]
ホンシュウジカ、イノシシ
スギ、ヒノキ、アカマツ、コバノミツバツツジ
[天然林および天然生林の主な樹種]
標高高:コバノミツバツツジ、ネジキ、コナラ、ミズナラ、タカノツメ
標高低:ヒサカキ、シキミ、ヤブツバキ、ソヨゴ

山林の内訳

人工林の樹種内訳

森林管理区分の内訳