Main

環境

三井物産の森

宗谷山林

宗谷山林(そうやさんりん)は、三井物産の森の中で最も北にあり、山林内で流れる川には日本最大の淡水魚イトウの生息も確認されています。

  • 北海道を代表とするエゾマツとトドマツ、広葉樹の混交林です。

    北海道を代表とするエゾマツとトドマツ、広葉樹の混交林です。

  • エゾイチゲです。小さくて白い可憐な花が咲きます。

    エゾイチゲです。小さくて白い可憐な花が咲きます。

  • エゾノリュウキンカは食用にもなります。ちょっぴりほろ苦い味がします。

    エゾノリュウキンカは食用にもなります。ちょっぴりほろ苦い味がします。

  • ハクサンチドリです。花のつき方をよく見ると、千鳥が飛んでいる姿に似ています。

    ハクサンチドリです。花のつき方をよく見ると、千鳥が飛んでいる姿に似ています。

  • [text]
  • [text]
  • [text]
  • [text]

この森の情報

[所在地]
北海道宗谷郡
[面積]
1,960ha
[山林の特徴]
三井物産の森の中で最も北にあり、北海道の代表的な針葉樹クロエゾマツの森が広がっています。山林内を流れる猿骨川には日本最大の淡水魚・イトウの生息も確認されており、「環境的保護林」に区分しています。
[希少な生物]
イトウ
[主要な生物]
エゾシカ、クロヒグマ、キタキツネ、ネズミ
トドマツ、クロエゾマツ、アカエゾマツ
[天然林および天然生林の主な樹種]
トドマツ、エゾマツ、イタヤカエデ、ミズナラ、ヤナギ、シナノキ、ダケカバ

山林の内訳

人工林の樹種内訳

森林管理区分の内訳