Main

開発途上国の飢餓問題と先進国が抱える生活習慣病の問題の同時解決を目指し、特定非営利活動法人TABLE FOR TWO Internationalが推進しているTABLE FOR TWOに参加しています。

1人の食事で2人が健康に

TABLE FOR TWO参加累計

208,875meals

(2008.8導入~2019.3末現在)

三井物産独自のプログラム

三井物産独自のプログラム

1,151

第24回目の支援まであと49枚
(2010.7導入~2019.3末現在)

世界中の人々の健康を願ってTABLE FOR TWOへの参加

TABLE FOR TWO(以下TFT)は「開発途上国および先進国双方の人々の健康を増進すること」を目的として、開発途上国の飢餓問題と先進国が抱える生活習慣病の問題の同時解決を目指し「一人の食事で二人が健康に」との考えのもと認定NPO法人「TABLE FOR TWO International」が推進する活動です。
三井物産では、東京の本店社員食堂で社員が対象メニューを購入すると、購入者が20円を負担し、会社も同額を寄付する「マッチング・ギフト方式」で1食毎に40円をTFTに寄付しています。また、2012年からヘルシードリンクをメニューに加え「CUP FOR TWO」を開始、購入者と会社が10円ずつ負担し、合計20円を寄付しています。開発途上国の学校給食は1食20円といわれており、社員が購入したTFTメニューはTFTを通じアフリカやアジアの学校給食2食となります。
TFTはその名の通り「二人の食卓」。参加者(先進国)と開発途上国の子どもたちが時間と空間を越え、食事を分かち合うというコンセプトのプログラムです。この活動を通じて世界中の人々が健康になることを願い、社員たちはこのプログラムに積極的に参加しています。

詳細はNPO法人公式HPをご覧ください。認定NPO法人TABLE FOR TWO international

TFTから感謝状

2018年7月、「TABLE FOR TWO International」より、これまでの支援・協力に対して感謝状を頂きました。
今後もアフリカやアジアを中心とした開発途上国における給食プログラムへの支援を通じ、子どもたちの栄養状態改善のみならず、友だちと共に学び、より勉強に専念し将来の夢をかなえていく環境作りをお手伝いしていきます。

社員の提案からはじまった「TFTポイントカード・プログラム」

このプログラムは自発的にTFTを広めようとする「TFT若手タスクフォース」によって提案されました。TFTに取り組む企業の間でも初の試みです。タスクフォースには約60名の社員が自発的に参加しました。
TFTメニューを購入する毎に配布されるTFTシールをTFTポイントカードに貼って集めます。10枚のシールが貼られたカードが50枚集まると、通常のTFT給食支援とは別に10万円を会社から寄付します。この寄付は、TFTを通じて南アフリカのNGO Nkanyisoが主催している「HIV孤児週末Kidsプログラム」を支援しています。
2010年7月にスタートしたプログラム現在までに1100枚分の支援を実現しました。2011年3月には当社のヨハネスブルグ支店長と現地スタッフがこのNGOを訪れました。