Main

教育

国際的な視野を持った人材の育成

オーストラリア 「三井教育基金(MEF)」 研修プログラム

豪州三井物産は、日豪の若者の相互理解と友情の深化を図り、両国の関係強化に寄与することを目指して、1971年に「三井教育基金(Mitsui Educational Foundation)」を設立しました。本基金では、毎年8~10名の大学生を全豪の大学から選抜し、3週間の日本研修に派遣する活動を行っています。日本に関して幅広く学ぶ意欲を持つ優秀な若者たちが来日し、大学などの教育現場、企業や工場、そして歴史・文化的に意義のある場所などを訪問します。またホームステイで日本の生活様式を体験したり、当社に就職を予定している大学生と2日間にわたって交流を図るなど、日本を深く知るためのさまざまなプログラムが用意されています。
基金設立から2017年までの46年間で来日した学生たちは361名に上りました。今後も日本を理解し、将来にわたって日豪の懸け橋となる人材が育つよう、豪州の学生たちに機会を提供していきます。