サステナビリティ | 人材を資産に - 三井物産株式会社

Main

ガバナンスと人材

人材を資産に

三井物産にとって、社員は最も重要なステークホルダーの一つであり、最も重要な資産です。
当社では、社会に役立つ仕事を創造しグローバル・グループ経営を担う人材を育成すべく、各種の人材開発プログラムを整備するとともに、さまざまな経験を通じて成長できるような任用・配置の仕組みを作っています。また、国籍、性別、価値観など多様なバックグラウンドを持つ人材一人ひとりが能力を最大限発揮し活躍するためのダイバーシティ経営を推進し、健康かつ安全に働き続けられる環境を整備することで、会社全体の競争力強化を目指しています。