Main

ガバナンスと人材

人材を資産に

三井物産にとって、社員は最も重要なステークホルダーの一つであり、最も重要な資産であると考えています。
社会に役立つ、創造力とバランス感覚あふれる人材を育成するべくさまざまな人材開発プログラムを整備し、女性の活躍推進をはじめとするダイバーシティ経営の推進にも取り組むことで、社員一人ひとりが活き活きと働き、社員と会社が共に成長し続けるための環境づくりを目指しています。

人材についての取り組み

三井物産は、その長い歴史と伝統を通じて、人材育成を大切にしてきた会社であり、常に社会に役立つ人材を育成・輩出することを目指してきました。それが当社がしばしば「人の三井」といわれる所以です。
経営理念のMissionにある「大切な地球と、そこに住む人びとの夢溢れる未来作りに貢献」するためには、人材育成を通じ、個々の人材を磨くことが何よりも重要だと考えています。

ダイバーシティ経営の推進

三井物産では、性別や国籍、価値観など、多様なバックグラウンドを持つ人材がお互いを認め合い、刺激を受け合いながら、ビジネスに新たな価値をもたらし、イノベーションを創出することで企業競争力を向上させる「ダイバーシティ経営」を推進しています。

労働環境・安全衛生への取り組み

三井物産にとって、社員は最も重要な財産です。いかなる社会・経営環境においても、社員が自らの持てる力を最大限発揮し、健康かつ安全に働き続けられる職場環境の整備に向けて、社員の健康管理、事故・災害などの緊急事態に対応できる体制を構築するとともに、職場環境の活性化に向けた取り組みを進めていきます。